教育業界ニュース

BYADとは【教育業界 最新用語集】

 「教育業界 最新用語集」では、教育業界で使われているICT用語や受験用語、省庁が進める取組み等を、おもに教育関係者向けに解説する。記事を読んでいるときや、普段の業務でわからない用語があったときに役立てていただきたい。

教育行政 その他
画像はイメージ
  • 画像はイメージ
 「教育業界 最新用語集」では、教育業界で使われているICT用語や受験用語、省庁が進める取組み等を、おもに教育関係者向けに解説する。記事を読んでいるときや、普段の業務でわからない用語があったときに役立てていただきたい。

BYAD


読み


 びーわいえーでぃー

表記


 BYAD、Bring Your Assigned Device

分類


 ICT

ひとことで言うと


 学校が推奨機種を斡旋して個人が私費購入した端末を持ち込み、活用すること。

解説


 Bring Your Assigned Deviceの略。学校が推奨機種を斡旋して個人が私費購入した端末を持ち込み、活用すること。

 BYOD(Bring Your Own Device:自由持込み)とは異なり、生徒全員が同じ端末を使用するため、皆同じ環境で学習できる。そのため端末の違いによる操作や表示の違い等がなく、使い方のサポートや端末の保証を選べる等、安心して学習に取り組むことができる。

関連用語


BYOD
CYOD

最終更新日:2022年1月28日
《外岡紘代》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top