教育業界ニュース

京進、2022年度前期保育士試験模試&解答速報の受付開始

 京進グループが運営している保育士資格取得のためのeラーニングサービス「これから保育士」は、2022年前期保育士試験対策の支援を目的としたWeb全国模試の実施と、本試験後の解答速報サービスの提供を決定し、事前登録の受付を開始した。

教材・サービス その他
これから保育士
  • これから保育士
  • 京進
 京進グループが運営している保育士資格取得のためのeラーニングサービス「これから保育士」は、2022年前期保育士試験対策の支援を目的としたWeb全国模試の実施と、本試験後の解答速報サービスの提供を決定し、事前登録の受付を開始した。

 前期保育士試験が2022年4月に実施される。京進グループが2021年6月に行った既受験者へのアンケート結果によると、保育士試験の科目で最難関とされている「社会福祉」の合格率は2割強で、9月から10月に実施した2021年後期試験対象のWeb全国模試には、約900名の申込者があったという。

 「これから保育士」では、2022年度前期保育士試験模試の実施と、本試験後の解答速報サービスを提供する。受講科目は「社会福祉」のみ、実施時期は2022年4月ごろを予定。Webで実施すること以外は、すべて保育士試験と同じ方式で、試験時間(60分)と得点については自身で計測する。

 受験希望者は、Webフォームよりエントリーすること。受験料無料キャンペーンにつき、事前エントリーした者は受験料が無料となる。期間限定のため、予告なく締め切る。キャンペーン終了後の受験料は550円(税込)。なお、エントリーした者は、解答速報へのエントリーも同時に完了する。

 申込者は、「これから保育士」受講割引の特典が受けられる。全科目セット購入の場合は各9,900円割引(受講期限あり)、1科目購入の場合は各科目990円から10%割引となる(価格はいずれも税込)。

◆「これから保育士」2022年度前期保育士試験模試&解答速報
スケジュール:
<事前エントリー>2022年3月ごろまで
<受験・受講情報送信>2022年1月~4月
<Web全国模試・解答解説>2022年3月
<本試験解答速報送信>2022年前期試験翌日より
エントリー方法:Webフォームにてエントリー
《桑田あや》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top