教育業界ニュース

神奈川県「インクルーシブ教育推進フォーラム」11/28

 神奈川県は2021年11月28日、2021年度(令和3年度)第2回「インクルーシブ教育推進フォーラム」を海老名市文化会館で開催する。フォーラムのテーマは、「みんなでつくる『インクルーシブな学校』共生社会の実現をめざして」。参加は無料だが、事前に申込みが必要。

イベント 教員
第2回「インクルーシブ教育推進フォーラム」
  • 第2回「インクルーシブ教育推進フォーラム」
  • インクルーシブ教育校内支援体制整備ガイドライン
  • インクルーシブ教育校内支援体制整備ガイドライン(一部)
 神奈川県は2021年11月28日、2021年度(令和3年度)第2回「インクルーシブ教育推進フォーラム」を海老名市文化会館で開催する。フォーラムのテーマは、「みんなでつくる『インクルーシブな学校』共生社会の実現をめざして」。参加は無料だが、事前に申込みが必要。

 これからの社会では、誰もが相互に人格と個性を尊重し、支えあい、人々の多様な在り方を相互に認めあえる全員参加型の社会の実現が求められている。神奈川県では、共生社会の実現に向けて、すべての子供ができるだけ同じ場で共に学び共に育つ、インクルーシブ教育の推進に取り組んでいる。

 インクルーシブ教育推進フォーラムでは、ひとりひとりが大切にされ、共に学びながら、共に育つことのできる「インクルーシブな学校」について、共に考えていく。今回の第2回フォーラムのテーマは、「みんなでつくる『インクルーシブな学校』共生社会の実現をめざして」。神奈川のインクルーシブ教育の推進についての説明の他、海老名地域の実践を報告する。

 さらに、コーディネーターに国際協力機構技術顧問の滝坂信一氏を迎え、公開座談会を開催。教職員だけでなく、保護者、地域の人と共に考え、取り組むことの大切さを話しあう。申込みは神奈川県の電子申請システムの申込ページから行う。締切りは11月26日正午。定員は470人、参加は無料。

 Webサイトでは参加に関しての留意事項を掲載。当日の朝に自身で体温を測定し、測定結果を「体温測定結果確認表」に記載のうえ、会場受付で提出する。「体温測定結果確認表」はWebサイトからダウンロードできる。当日は感染予防のためマスクを着用すること。さらに、窓や扉を開けるので、温度調節できる服装で行くこと等、感染対策についてまとめている。なお、8月24日に横須賀市で開催予定だった第1回のフォーラムは中止している。

◆第2回インクルーシブ教育推進フォーラム
日時:2021年11月28日(日)13:30~16:30
場所:海老名市文化会館大ホール(海老名市めぐみ町6-1)
定員:470人
参加費:無料
申込方法:Webサイトから申し込む
申込締切:2021年11月26日(金)12:00
《田中志実》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top