教育業界ニュース

前期ロイロ認定ティーチャー募集、授業案投稿で8/1より受付

 LoiLoが提供するロイロノート・スクールは、教員同士の学び合いの場を拡大するため「2021年前期ロイロ認定ティーチャー」を募集する。エントリー期間は2021年8月1日~9月30日。エントリーには事前にロイロノート・スクールを用いた授業案の投稿が必要。

教材・サービス 授業
ロイロ認定ティーチャー制度
  • ロイロ認定ティーチャー制度
  • ロイロ認定ティーチャーになろう!
 LoiLoが提供するロイロノート・スクールは、教員同士の学び合いの場を拡大するため「2021年前期ロイロ認定ティーチャー」を募集する。エントリー期間は2021年8月1日~9月30日。エントリーには事前にロイロノート・スクールを用いた授業案の投稿が必要。

 LoiLoは、GIGAスクール構想での学びを先導する教員を育成・支援することを目的に2月に「ロイロ認定ティーチャー制度」を開始。開始以来、ICTを効果的に活用し、生徒主体の授業をデザイン・実施できる教員「ロイロ認定ティーチャー」を100名以上輩出してきた。

 今回、教員同士が学び合う場をさらに拡大するため、2021年前期ロイロ認定ティーチャーを募集する。認定ティーチャーになることで専用の研修やイベント、コミュニティに参加できるほか、他校の研修に講師として登壇する機会や、自分の実践を全国に紹介する機会が得られる。

 対象は教員および教育委員会の関係者。エントリーは8月1日~9月30日に受け付けるが、エントリー前に事前にWebサイトの専用フォームから授業案の提出が必要。エントリー期間中に事前に投稿した授業案をもって応募し、認定審査を受ける。認定基準は「生徒が主体となる授業がデザインされていること」「ICTの利点を生かした授業がデザインされていること」の2点。

 なお、4月30日午後7時より認定ティーチャー制度についての説明会をYouTubeライブで実施する。説明会の事前申込みは不要。YouTubeの「ロイロノート アクティブラーニング実践チャンネル」から視聴できる。説明会に参加せずとも応募は可能。詳細はロイロノート・スクールのWebサイトで確認できる。

◆2021年 前期 ロイロ認定ティーチャー募集
エントリー期間:2021年8月1日(日)~9月30日(木)
※事前にWebサイトから授業案の提出が必要
※応募フォームはエントリー期間に公開する
対象:全国の教員および教育委員会関係者

◆ロイロ認定ティーチャー制度 説明会
日時:2021年4月30日(金)19:00~
対象:全国の教員および教育委員会関係者
形式:YouTubeライブによる配信
申込み:不要
《畑山望》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top