教育業界ニュース

公立学校教職員、精神疾患による休職者は5,478人…文科省

 文部科学省は2021年4月9日、2019年度(令和元年度)公立学校教職員の人事行政状況調査の結果を公表した。精神疾患による病気休職者は5,478人。前年度(2018年度)から266人増加し、過去最多の人数となった。

教育行政 文部科学省
教育職員の精神疾患による病気休職者数(2019年度)
  • 教育職員の精神疾患による病気休職者数(2019年度)
  • 教育職員の懲戒処分等の状況(2019年度)
  • 女性管理職(校長、副校長および教頭)の割合 (2020年4月1日現在)
  • ハラスメントの防止措置の実施状況(2020年6月1日現在)
 文部科学省は2021年4月9日、2019年度(令和元年度)公立学校教職員の人事行政状況調査の結果を公表した。精神疾患による病気休職者は5,478人。前年度(2018年度)から266人増加し、過去最多の人数となった。

 公立学校教職員の人事行政調査は、47都道府県と20指定都市の計67教育委員会が対象。公立の小学校、中学校、義務教育学校、高校、中等教育学校、特別支援学校の教職員について、病気休職や懲戒処分などの人事行政状況調査と、国公私立学校の体罰実態を調査した。

 精神疾患による病気休職者数は2009年度以降5,000人前後で推移しており、2019年度は全教職員の0.59%にあたる5,478人であった。前年度(2018年度)からは266人増加しており、過去最多の人数となっている。

 精神疾患による病気休職者を学校種別にみると、小学校2,647人、中学校1,387人、義務教育学校21人、高校768人、中等教育学校6人、特別支援学校649人。年代別では、20歳代832人、30歳代1,477人、40歳代1,380人、50歳代1,705人、60歳代84人であった。

 懲戒処分等を受けた教職員は4,677人で、前年度(2018年度)より1,301人減少した。わいせつ行為等により懲戒処分等を受けた者は273人で、2018年度の282人についで過去2番目に多い。このうち、児童生徒に対するわいせつ行為により懲戒処分を受けた者は126人(免職121人)であった。

 女性の管理職(校長、副校長、教頭)は、2020年4月1日時点で1万3,501人。2019年4月1日時点から693人増加した。女性管理職の割合は、前年度(2019年度)比1.1ポイント増の19.7%で、過去最高を更新した。

 パワーハラスメント、セクシュアルハラスメントの防止措置について、「要綱・指針等の策定」「相談窓口の設置」「研修の実施」は、全都道府県・指定都市で実施済み。パワーハラスメント、妊娠・出産・育児休業・介護休業等に関するハラスメントにおいて、一部措置が進んでいない都道府県・指定都市があった。
《外岡紘代》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top