教育業界ニュース

シスコ、早稲田オープンイノベーションバレー構想を支援

 シスコシステムズ(以下「シスコ」)は2021年3月9日、早稲田大学が掲げるSociety5.0時代に向けた「早稲田オープンイノベーションバレー構想」を加速させるIT、ネットワークに関する最新技術および教育プログラムを提供することを発表した。

事例 企業×学校
シスコ
  • シスコ
  • 早稲田大学
 シスコシステムズ(以下「シスコ」)は2021年3月9日、早稲田大学が掲げるSociety5.0時代に向けた「早稲田オープンイノベーションバレー構想」を加速させるIT、ネットワークに関する最新技術および教育プログラムを提供することを発表した。

 「早稲田オープンイノベーションバレー構想」は、早稲田大学が2018年から研究推進の一環として進めており、企業が抱える技術的課題を大学が企業技術者とともに解決する、産学の垣根を越えた共創モデルとして取り組んできた試み。構想の実現に向け、シスコは必要なネットワークやITの最新技術およびプログラムを提供し、早稲田大学は実際にキャンパス内で提供を受けた技術の研究、評価、実装を行い、大学全体のデジタル化のあるべき姿を共に国内外に発信していく。

 提供する技術、プログラムは、ネットワーク管理の「Cisco DNA Center」、ネットワークの可視化とセキュリティ分析を行う「Cisco Stealthwatch」、ワークスペース密度測定の「Cisco DNA Spaces」、Web会議の「Cisco Webex」など。また、シスコが以前より社会貢献活動の一環として推進している、教育機関、政府機関および各種団体と共に将来のITエンジニアを育成する「シスコ ネットワーキング アカデミー」などの取組みを通じて培った経験とノウハウを提供していく。

 早稲田大学理事の山名早人氏は、「本支援は、研究を中心としたDX推進の加速化をとおしたオープンイノベーションバレー構想の実現とともに、今後、さらなる連携強化を進めることで、教育や大学運営へのDX(Digital Transformation)推進に大いに寄与するものと期待しています」とコメントしている。
《桑田あや》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top