教育業界ニュース

eスポーツ・ゲーム体験施設「REDEE」教員向け無料下見実施

 レッドホースコーポレーションは2020年11月17日より、日本最大級のeスポーツ・ゲーム体験施設「REDEE」にて学校団体などの教職員を対象とした完全無料施設下見キャンペーンを開始した。平日だけでなく土日も下見可能。事前申込制で、Webサイトにて申込みを受け付けている。

イベント 教員
REDEE 学校団体・教員向け完全無料下見キャンペーン
  • REDEE 学校団体・教員向け完全無料下見キャンペーン
  • REDEE
 レッドホースコーポレーションは2020年11月17日より、日本最大級のeスポーツ・ゲーム体験施設「REDEE」にて学校団体の教職員を対象とした完全無料施設下見キャンペーンを開始した。平日だけでなく土日も下見可能。事前申込制で、Webサイトにて申込みを受け付けている。

 「REDEE」は、eスポーツやゲームを題材に将来必要なICTやITの知識・スキルを体験することができる日本最大級の施設。2020年3月1日のオープン以降、最新テクノロジーを通じて子どもたちに遊びながら学んでもらう「エデュテインメント」をコンセプトに、最新テクノロジーを駆使した10種以上のコンテンツを取り揃えている。

 コンテンツは、「LEGO」「ぷよぷよ」「Scrach」など子どもたちに馴染みのあるソフトを活用したゲーム感覚のテクノロジー体験や、超没入型VRやドローン操縦を通じた今後の社会インフラとなるであろう最新デバイス体験、動画の撮影から編集、音入れまで一連の流れを体験するYouTuber体験など多岐にわたる。さらに、プロゲーマーが使用するゲーミングPCを自由に触れるエリアや、横40mの大スクリーンを使ったゲーム対戦でプロゲーマー気分を味わうステージなど、ゲームを楽しむだけでなく、ICT教育やSTEAM教育の実践、体験学習の場としても活用されているという。

 レッドホースコーポレーションは、新型コロナウイルス感染症の影響により公立小中高校のおよそ15%が2020年度の修学旅行の中止を決定したり、縮小などの変更を余儀なくされている状況を受け、コロナ禍で失われた子どもたちの学習機会を支援したいとの思いから、学校団体の教職員を対象とした「REDEE」の完全無料下見キャンペーンを実施。より多くの子どもたちにeスポーツやゲーム、テクノロジーを通して学ぶ機会を提供したいとしている。

 下見は土日を含む毎日午前11時から午後8時の間で受け入れ可能。施設見学だけでなく、コンテンツの体験や質疑応答にも応じる。アテンドを希望する場合は平日のみ受入れ可能。毎週金曜日の午後6時からは、来館時の生徒の行動シミュレーション(人数・規模別)などのアドバイスなどを受けることのできる団体向け相談会も実施している。いずれも申込みはWebサイトで受け付けている。

◆「REDEE」完全無料下見キャンペーン
期間:2020年11月17日(火)より
(終了期間未定。予告なく終了する可能性あり)
日時:土日含む毎日11:00~20:00で受入れ可能
※アテンドを希望する場合は平日のみ受入れ
対象:REDEEの利用を検討する学校団体の教職員など
内容:館内見学および体験、質疑応答など
参加費:完全無料
申込方法:REDEEのWebサイト「学校/教育関係者 団体受付」ページの下部にある予約フォームから申し込む

◆団体相談会
日時:毎週金曜日18:00~   
場所:「REDEE」カフェエリア
対象:REDEEの利用を具体的に検討する学校団体の教職員など
定員:10組まで
参加費:完全無料
申込方法:REDEEのWebサイト「学校/教育関係者 団体受付」ページの下部にある予約フォームから申し込む
《畑山望》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top