教育業界ニュース

多言語での遠隔教育を支援する教育システム、7月末まで無償提供

 デジタル・ナレッジは2020年4月22日、新型コロナウイルス感染症が世界的に流行している状況を踏まえて、多言語eラーニングシステム「ナレッジデリグローバル」を7月末まで無償提供すると発表した。申込みは、Webサイトの問合せフォームにて受け付けている。

教材・サービス 授業
デジタル・ナレッジ
  • デジタル・ナレッジ
  • 多言語eラーニングシステム「ナレッジデリグローバル」
 デジタル・ナレッジは2020年4月22日、新型コロナウイルス感染症が世界的に流行している状況を踏まえて、多言語eラーニングシステム「ナレッジデリグローバル」を7月末まで無償提供すると発表した。申込みは、Webサイトの問合せフォームにて受け付けている。

 新型コロナウイルス感染症の影響で、世界の多くの国々で休校、遠隔・在宅でのテレワークが推進されている。企業や教育機関では、「プロジェクトの提案ができない」「現地スタッフの教育ができない」「外出制限により生徒などに教育を届けることができない」などの課題に直面している。

 デジタル・ナレッジはこのような状況を踏まえて、多言語eラーニングシステム「ナレッジデリグローバル」を7月末まで無償提供する。対象は、国際開発分野のコンサルティング企業、海外事業所を持つ企業・教育機関、海外現地の官公庁や教育機関など。1団体最大50アカウントまで無償で利用できる。

 対応言語は、日本語、英語、中国語、ロシア語、キルギス語、タイ語、ベトナム語。Webサイトの問合せフォームより申込みを受け付けており、問合せ内容に「『ナレッジデリグローバル』無償提供希望」と記載すること。

◆デジタル・ナレッジ「ナレッジデリグローバル」無償提供
期間:2020年4月22日(水)~7月31日(金)
対象:国際開発分野のコンサルティング企業、海外事業所を持つ企業・教育機関、海外現地の官公庁や教育機関など
提供内容:多言語eラーニングシステム「ナレッジデリグローバル」1団体最大50アカウントまで
対象言語:日本語、英語、中国語、ロシア語、キルギス語、タイ語、ベトナム語
申込方法:Webサイトの問合せフォームにて受け付けている
※問合せ内容に「『ナレッジデリグローバル』無償提供希望」と記載する
《外岡紘代》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top