教育業界ニュース

大学職員向け「英文E-mailオンライン講座」新コースCourse3開講

 早稲田大学アカデミックソリューションは2022年4月、全国の大学教員・職員を対象とした「英文E-mailオンライン講座」の新コースCourse3を開講した。全6週間のオンライン講座で、申込みは夏期講座(1)が6月12日、夏期講座(2)が8月8日まで。いずれも先着順。

教材・サービス 授業
 早稲田大学アカデミックソリューションは2022年4月、全国の大学教員・職員を対象とした「英文E-mailオンライン講座」の新コースCourse3を開講した。全6週間のオンライン講座で、申込みは夏期講座(1)が6月12日、夏期講座(2)が8月8日まで。いずれも先着順。

 「英文E-mailオンライン講座」は、外国人教員や留学生へのメール等、一般的なビジネス英文E-mail講座ではカバーできない大学独自の業務を題材とした英文E-mailライティングが学習できるオンライン講座。レッスンごとに設定されたテーマに沿ってメールの構成・書き方・フレーズ等を学習し、課題として実際に英文E-mailを作成、講師から個別の添削を受けることができる。

 新たに開講するCourse3では、「インタビュー依頼、急な依頼」「議事録、アンケート結果報告」「協定校プログラム拡大、イベント提案」等、より複雑なメール対応に焦点をあてたシチュエーションを用意。大学独自の業務を想定しているため、職場ですぐに使える実践的なE-mailライティング力を伸ばすことができる。講師は早稲田大学の英語科目を教える外国人またはバイリンガル講師が担当し、計10回の個別フィードバックを受けることが可能。

 講座は全6週間にわたり、夏期講座(1)は7月4日~8月28日、夏期講座(2)は9月5日~10月23日に開講。これまで同様、学習管理システムを使用してオンデマンド形式で実施する。対象はTOEIC500点相当以上の英語力を有する大学職員や教員だが、大学職員以外の学校関係者も受講可能。申込みはWebサイトの申込フォームにて先着順で受け付けている。

◆英文E-mailオンライン講座
コース:Course1、Course2、Course3(Course3は2022年4月新規開講)
期間:
・夏期講座(1)2022年7月4日(月)~8月28日(日)
・夏期講座(2)2022年9月5日(月)~10月23日(日)
※その他、秋期講座・冬期講座等を開講予定
対象:TOEIC500点相当以上の英語力を有する大学職員や教員
※大学職員以外の学校関係者も受講可能
参加費:3万3,000円(税込)
申込方法:Webサイトより申し込む(先着順)
申込締切:夏期講座(1)2022年6月12日(日)、夏期講座(2)2022年8月8日(月)
《畑山望》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

page top