教育業界ニュース

Google Classroom導入校向け、先生・生徒の画面共有サービス

 サテライトオフィスは2022年4月18日、Google Classroom導入校向けに、先生と生徒の画面を共有し、先生側で簡単に管理できる「サテライトオフィス・先生/生徒画面共有機能for Classroom」の提供開始を発表した。

教材・サービス 授業
先生/生徒画面共有機能 for Classroom
  • 先生/生徒画面共有機能 for Classroom
  • 先生/生徒画面共有機能 for Classroom
  • 先生/生徒画面共有機能 for Classroom
  • 先生/生徒画面共有機能 for Classroom
  • 先生/生徒画面共有機能 for Classroom
 サテライトオフィスは2022年4月18日、Google Classroom導入校向けに、先生と生徒の画面を共有し、先生側で簡単に管理できる「サテライトオフィス・先生/生徒画面共有機能for Classroom」の提供開始を発表した。

 Google Classroomは、Googleが提供している指導と学習の一元管理ができるツール。教育機関や非営利団体を対象に無料で提供。有料版では、生徒情報システムからClassroomの名簿に同期できる等の追加機能がある。

 サテライトオフィスは、2008年にGoogle Cloudパートナーとなり、Google認定の技術で製品開発、サービス提供を開始。今回、Google Classroom導入校向けに、先生と生徒の画面を共有し、先生側で簡単に管理できる「サテライトオフィス・先生/生徒画面共有機能 for Classroom」を開発、提供を開始した。

 「サテライトオフィス・先生/生徒画面共有機能 for Classroom」は、画面共有の他、先生から全生徒または特定生徒へのメッセージ送信・生徒の画面のライブ閲覧・全生徒または特定生徒の画面の強制ロック等の機能がある。Google Chromeの拡張機能として提供するため、Chrome Enterprise Upgradeで自動インストールや管理が簡単にできる。

 ライセンス費用は、学校向けプランが1ユーザー月額50円(税別)。年契約で、Educationライセンス契約数と同数契約が購入条件。なお、サテライトオフィスの提供する有償版「Google Workspace版シングルサインオン」「Google Workspace for Education」「CEU(Chrome Enterprise Upgrade)」に契約中の場合は無償で提供する。
《川端珠紀》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top