教育業界ニュース

大学教職員対象「国際交流と研究推進」調査報告会4/26

 早稲田大学アカデミックソリューションは2022年4月26日、「大学の国際交流と研究推進に関する調査」結果報告会をオンライン開催する。全国の大学を対象に実施した調査結果を共有し、集計分析や考察を報告する。対象は大学教職員。事前申込制。

イベント 教員
早稲田大学アカデミックソリューション
  • 早稲田大学アカデミックソリューション
  • 「大学の国際交流と研究推進に関する調査」結果報告会
 早稲田大学アカデミックソリューションは2022年4月26日、「大学の国際交流と研究推進に関する調査」結果報告会をオンライン開催する。全国の大学を対象に実施した調査結果を共有し、集計分析や考察を報告する。対象は大学教職員。事前申込制。

 早稲田大学アカデミックソリューションでは、国際交流分野の「大学における国際交流推進や留学生の派遣・受入状況」と「大学における研究を推進するための体制やリソース、支援内容」の実態を明らかにするため、全国にある学生数約900人以上の約550大学を対象にアンケート調査を実施。集計分析と考察を終えたことから今回、大学教職員を対象に結果共有を兼ねて報告会を企画した。

 オンラインによる開催とし、時間は「大学の国際交流に関する調査」結果報告会が午後3時から午後3時30分、「大学の研究推進と研究支援体制に関する調査」結果報告会が午後3時45分から午後4時15分。いずれも質疑応答を含む。参加無料。事前申込制。定員は各500人。両方の報告会に参加希望の場合は、それぞれに参加登録が必要となる。

 申込方法は、結果報告会のイベントページにメールアドレスと必要事項を入力して登録する。報告会の資料は、当日参加者のみに提供する。

◆「大学の国際交流と研究推進に関する調査」結果報告会
日時:2022年4月26日(月)15:00~16:15
形式:オンライン
対象:大学教職員
定員:各500人(定員になり次第受付終了)
※申込多数の場合は1大学2人程度までとする場合あり
参加費:無料
申込方法:結果報告会のイベントページよりメールアドレスと必要事項を入力して登録
※両方の報告会に参加希望の場合はそれぞれ参加登録が必要
《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top