教育業界ニュース

電子黒板2機種・プロジェクター8機種発売…アイリスオーヤマ

 アイリスオーヤマは、2022年4月末より教育施設を中心に、さまざまな場所で使用できる電子黒板2機種とプロジェクター8機種の販売を開始することを発表した。

教材・サービス 授業
電子黒板・プロジェクター、4月末より順次発売…アイリスオーヤマ
  • 電子黒板・プロジェクター、4月末より順次発売…アイリスオーヤマ
  • 電子黒板・プロジェクター、4月末より順次発売…アイリスオーヤマ
  • 電子黒板・プロジェクター、4月末より順次発売…アイリスオーヤマ
  • 電子黒板・プロジェクター、4月末より順次発売…アイリスオーヤマ
  • 電子黒板・プロジェクター、4月末より順次発売…アイリスオーヤマ
 アイリスオーヤマは、2022年4月末より教育施設を中心に、さまざまな場所で使用できる電子黒板2機種とプロジェクター8機種の販売を開始することを発表した。

 近年、教育現場のICT化が進んでいるが、2024年度から順次実施予定のデジタル教科書の導入や、すでに教育現場に導入済みのモニター等大型掲示装置の入替え等により、今後ますます電子黒板やプロジェクターに対する需要拡大が予測される。

 そこでアイリスオーヤマでは、映像ソリューション事業を強化。教育施設向けの電子黒板を新たに発売する。

 新たに発売される電子黒板は、65型と75型の2機種。初めて使用する場合でもわかりやすいシンプルなデザインで、誰でも簡単に操作することができる。表示画面には保護ガラスを採用し、安全面にも配慮している。

 また、パソコンや実写投影機等の外部機器を通じて画像や映像を電子黒板に表示することができ、そのまま直接書き込めるため、板書や教材準備にかかる時間を短縮する。指先で画面の拡大・縮小の操作や、メジャー、図形ツールを活用した計測等の図形の描写ができ、効率的な授業を行うことができる。また、最大20名が同時に書き込めるため、参加型授業にも適している。

 さらに、専用アプリやオプションの「ミラーリングキー」を使用することで、パソコンやタブレット、スマートフォン等の端末をワイヤレスで電子黒板に接続し、ワンタッチで画面共有や相互操作することが可能となる。最大9端末の画面を同時に表示できるため、子供の考えを共有しながら比較し、理解を深めることができる。また、電子黒板で表示された画面を生徒の端末へ共有し、各端末上で書き込むことも可能なので、グループ学習や双方向型学習にも適している。

 アイリスオーヤマでは、今後も幅広い事業領域を生かし、教育現場での課題解決をサポートしていくとしている。
《木村 薫》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top