教育業界ニュース

【Expo2022】中学単元を徹底学習、繰り返し学べる学書の「デジタルドリル(中学版)」

 デジタルドリル(中学版)は、中学単元を繰り返し徹底学習できるオンライン教材。画面上に表⽰された問題を⾒て解答をノートに書き、画⾯上で答えを確認し⾃⼰採点する学習形式となっている。

教材・サービス 授業
【Expo2022】中学単元を徹底学習、繰り返し学べる学書の「デジタルドリル(中学版)」
  • 【Expo2022】中学単元を徹底学習、繰り返し学べる学書の「デジタルドリル(中学版)」
 学校関係者、教育企業向けサイト「リシード」&保護者向けサイト「リセマム」共同企画「Virtual教育ICT Expo 2022」では、GIGAスクール時代の子どもたちの学びを進化させる教育ICT、EdTech、STEAM等の教育サービス・プロダクトから選りすぐりの情報を紹介する。

製品名


 デジタルドリル(中学版)

提供者


 株式会社学書

カテゴリー


 学習

デジタルドリル(中学版)

概要



 デジタルドリル(中学版)は、中学単元を繰り返し徹底学習できるオンライン教材。画面上に表⽰された問題を⾒て解答をノートに書き、画⾯上で答えを確認し⾃⼰採点する学習形式となっている。デジタルコンテンツとして「繰り返し学習できる形態」に加えて、「テキスト教材の良さ」を兼ね備えたより実践的なデジタル教材といえる。

 「BUILDER受験版」をはじめとした同社の多様なテキスト教材から集めた問題を、単元(Chapter)ごとに集約して収録。各Chapterには⼤きく6つのStepを⽤意。それぞれ、Step1・2は基本問題、Step3・4は応⽤問題、Step5・6は発展問題にレベルが分かれており、最⼤30問(最⼤5問×6Step)で1つのChapterが修了となる(Step7はテスト問題)。

 大問単位で6,000問以上の出題パターンから、毎回ランダムで出題され、知識がしっかりと定着するように工夫されており、宿題・補習授業・集中学習などさまざまな学習形態に活用できる。

対象学年


 中学1~3年生(おもに高校入試向け)

対象教科


 英語・数学・理科・社会

お問合せ
《編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top