教育業界ニュース

東京都教育庁、誤送信により個人情報65件漏えい

 東京都教育庁は2021年12月23日、同庁において、65件のメールアドレスを漏えいする事故が発生したことを発表。現在のところ苦情や二次被害の報告は受けていないという。

教育行政 教育委員会
東京都教育委員会
  • 東京都教育委員会
  • 事故の概要等
 東京都教育庁は2021年12月23日、同庁において、65件のメールアドレスを漏えいする事故が発生したことを発表。現在のところ苦情や二次被害の報告は受けていないという。

 事故の経緯としては、12月22日午後3時14分に、都内登録博物館・登録博物館相当施設の担当者宛てメールを送信した際、メールアドレスを誤って宛先欄に入力して一斉送信。午後3時33分に、メールを受信した団体から、宛先がBCCとなっていないとの指摘メールを受信し、誤送信が判明した。

 送信件数133件のうち、65件のメールアドレスに個人名が含まれていた。事故発生後は、メールの送信取消作業を送信端末により実施。133件すべての宛先に対し、お詫びとメール削除依頼のメールを送信した。

 東京都教育庁は今後、職員に対し情報セキュリティ対策の再確認を指示するとともに、外部の複数の宛先に対してメール送信する際は、メールアドレスのBCC欄への入力を、送信前に複数の職員でチェックすることを徹底し、再発防止に努めていくとしている。
《桑田あや》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top