教育業界ニュース

文科省、添付ファイル付きメールの運用を変更…1/4から

 文部科学省は2021年12月1日、2022年1月4日以降のすべてのメール送受信において、ファイルを添付する際にはクラウドストレージサービスBoxに添付ファイルを自動保存し、送信先からダウンロードする仕組みを導入することを発表した。

教育行政 文部科学省
文部科学省における添付ファイル付きメールの運用に関するお知らせ
  • 文部科学省における添付ファイル付きメールの運用に関するお知らせ
  • 文部科学省
 文部科学省は2021年12月1日、2022年1月4日以降のすべてのメール送受信において、ファイルを添付する際にはクラウドストレージサービスBoxに添付ファイルを自動保存し、送信先からダウンロードする仕組みを導入することを発表した。

 今回の運用変更は、セキュリティ上の観点から疑問視されているパスワード付きZIPファイルの添付により、マルウェアがセキュリティチェックを潜り抜け、感染させる等の事案を踏まえ、セキュリティ強化策として実施するもの。

 文部科学省Webサイトでは、文部科学省とメール送受信をする機関等に向けて、Boxへの事前接続確認用のURLを掲載。確認画面が表示されなかった場合、所属する組織等のセキュリティポリシーによりアクセス制御をしている可能性もあるため、組織等のネットワーク管理者等に相談し、制御設定の変更をするよう求めた。
《桑田あや》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top