教育業界ニュース

すらら・すららドリル・ピタドリ…オリジナル問題を作問・出題可能に

 すららネットは2021年11月29日、「すらら」「すららドリル」「ピタドリ」のテスト機能に、先生がオリジナルの問題を作問・出題できる「E-teエディター機能」を実装した。

教材・サービス 授業
E-teエディター出題形式例
  • E-teエディター出題形式例
 すららネットは2021年11月29日、「すらら」「すららドリル」「ピタドリ」のテスト機能に、先生がオリジナルの問題を作問・出題できる「E-teエディター機能」を実装した。

 AI×アダプティブラーニング教材「すらら」は、小学校から高校までの範囲を学習できるeラーニング教材で、インタラクティブなレクチャー機能、6万問以上のドリルやテストの機能が搭載されている。初めて学習する分野でも1人で学習を進めることができる特長を生かし、小・中・高校、学習塾、放課後デイサービス等で利用されている。また、アダプティブドリル「すららドリル」は、おもに公立学校で利用されており、クラウド型アダプティブラーニング「ピタドリ」はおもに大手学習塾で利用されている。

 今回、新たに実装した「E-teエディター」は、利用者から「教員として解かせたいオリジナルの問題も出題できるとさらによい」といった声を受け実装された。これにより、先生がオリジナルの問題を作問・出題でき、各教育現場での紙のテストの電子化、採点の手間の削減、成績のクラウド上での管理ができるようになる。また、選択式の問題や並び替え式の問題等の多様な出題形式にも対応する。さらに、児童生徒はE-teエディターで出題されたテストの受験後に、復習が必要な単元に簡易的に戻って復習することもでき、先生は復習指示の工数削減も実現できる。

 すららネットは、「教育に変革を、子どもたちに生きる力を。」を企業理念としており、今後も新しい学習体験を届ける事業活動を通じ、「大人になっても役に立つ真の学力」と「努力をすれば結果が出るという自信」を提供していきたいとしている。
《川端珠紀》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top