教育業界ニュース

感染リスクの高い部活動等の制限&自粛を緩和…文科省が通知

 文部科学省は2021年11月22日、緊急事態措置区域および重点措置区域(以下「緊急事態措置区域等」)での大学等の部活動・課外活動(以下「部活動等」)における感染リスクの高い活動の制限または自粛の緩和について通知を発出した。

教育行政 文部科学省
新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する対応について
  • 新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する対応について
  • 文部科学省
 文部科学省は2021年11月22日、緊急事態措置区域および重点措置区域(以下「緊急事態措置区域等」)での大学等の部活動・課外活動(以下「部活動等」)における感染リスクの高い活動の制限または自粛の緩和について通知を発出した。

 9月9日に開催された新型コロナウイルス感染症対策本部において、緊急事態措置区域等での大学等の部活動等における感染リスクの高い活動について、「ワクチン・検査パッケージを活用すること等により、原則可能とする」こととされた。これを受け、文部科学省は11月22日、感染リスクの高い活動の制限または自粛の緩和についての通知を発出した。

 通知では、緊急事態措置区域等における部活動等について、仮に活動を行う場合には、「三つの密」「感染リスクが高まる『5つの場面』」および大きな発声を避け、屋内での着替えや車での移動、部活動等の後の飲食・懇談や学生寮等における共同生活といった場面での感染対策に十分に留意することを前提とすべきとしている。

 これを踏まえ、地域の感染状況等に応じて、「(1)学生同士が組み合うことが主体となる活動」「(2)身体接触を伴う活動」「(3)大きな発声や激しい呼気を伴う活動」といった感染リスクの高い活動については一時的に活動の制限または自粛をすることも含め検討する等、感染症への警戒を強化することを求めた。

 緊急事態措置区域等であっても、個々の部活動等において感染リスクの低減を図ったことを大学等が確認できる場合には、当該部活動等における上記の(1)~(3)の活動については、制限または自粛の要請の対象とはしないという。
《桑田あや》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top