教育業界ニュース

ソニー、光源プロジェクター2機種…明るい教室でも色鮮やか

 ソニーマーケティングは2021年10月20日、業務用レーザー光源プロジェクター「VPL-FHZ85」と「VPL-FHZ80」の2機種を発表した。発売日は2022年1月18日、市場想定価格は「VPL-FHZ85」が100万円前後、「VPL-FHZ80」が90万円前後(すべて税別)。

ICT機器 授業
3LCDレーザー光源プロジェクター「VPL-FHZ85」「VPL-FHZ80」
  • 3LCDレーザー光源プロジェクター「VPL-FHZ85」「VPL-FHZ80」
  • 照度センサー
  • 柔軟な設置性
  • 新発売の2機種を加えた業務用レーザー光源プロジェクターの商品構成
  • 細い文字や線などを強調させる「リアリティテキスト機能」を追加
  • ブライトビュー機能
  • 天吊り設置での使用イメージ
 ソニーマーケティングは2021年10月20日、業務用レーザー光源プロジェクター「VPL-FHZ85」と「VPL-FHZ80」の2機種を発表した。発売日は2022年1月18日、市場想定価格は「VPL-FHZ85」が100万円前後、「VPL-FHZ80」が90万円前後(すべて税別)。

 両機は、本体内蔵の照度センサーが周囲の明るさを検知し、画質設定を自動で調整する「アンビアンス機能」を新たに搭載。照明が明るい室内や日中の外光が入る環境でも、色再現性に優れたメリハリのある映像を投写できる。また、細い文字や線等を強調する「リアリティテキスト機能」により、写真や映像の鮮鋭感や美しさを再現するだけではなく、文字や図表もより鮮明に投写する。

 プロジェクター設置時の設定情報を、別のプロジェクターにコピーして活用できる「データクローニング機能」を新たに搭載。複数のプロジェクターを設置する際、設定作業の手間を軽減できる。

 明るさは、「VPL-FHZ85」が7,300lm(投写画面の中央部分の光出力値8,000lm)、「VPL-FHZ80」が6,000lm(同6,500lm)。解像度は両機ともWUXGA:1,920×1,200ドット。本体カラーはホワイトとブラックがある。

 両機の発売により、教室や講堂等での使用に適した業務用レーザー光源プロジェクターのラインアップは計10機種となり、設置環境や用途に合わせて機種が選択できる。
《工藤めぐみ》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top