教育業界ニュース

【大学受験2022】コロナ追試は定員管理の対象外、文科省

 文部科学省は2021年9月14日、2022年度(令和4年度)大学入学者選抜における追試験等受験者の定員管理に係る国立大学法人運営費交付金と私立大学等経常費補助金の取扱いについて通知を出した。追試験等の入学者は、入学定員超過率の算定における入学者には含めない。

教育行政 文部科学省
大学入試情報提供サイト
  • 大学入試情報提供サイト
  • 文部科学省
 文部科学省は2021年9月14日、2022年度(令和4年度)大学入学者選抜における追試験等受験者の定員管理に係る国立大学法人運営費交付金と私立大学等経常費補助金の取扱いについて通知を出した。追試験等の入学者は、入学定員超過率の算定における入学者には含めない。

 新型コロナウイルス感染症への対応として、文部科学省は2022年度(令和4年度)大学入学者選抜について、2021年度(令和3年度)と同様に個別学力検査での受験機会の確保として、追試験の設定や追加の受験料を徴収せずに別日程への受験の振替を要請している。

 文部科学省によると、要請に基づきすでに95%以上の大学が、追試験の設定や別日程の振替受験を実施することを公表している。今回、大学の取組みをさらに促進するため、2021年度大学入学者選抜と同様、国立大学法人運営費交付金および私立大学等経常費補助金について、受験生の受験機会の確保の観点から例外的な取扱いを行うことを決定。9月14日付で国立大学と私立大学に通知を発出した。

 国立大学と私立大学については、2022年度の入学者のうち、各大学等が設定した追試験等に合格し入学した者は入学定員超過率の算定における入学者には含めない。私立大学では、追試験等による合格者により補助金が不交付となる入学定員超過率の基準を超えた場合であっても、不交付の対象とはしない。なお、今回の例外的な措置は、補助金が不交付となる入学定員超過率の基準についてのみで、収容定員超過率の基準については、適正な定員管理の観点から従来と同様の取扱いとなる。
《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top