教育業界ニュース

東京ディズニーリゾート、学校向けプログラムにオンライン形式を導入

 オリエンタルランドは2021年10月より、東京ディズニーリゾートで実施しているセミナープログラム「ディズニーアカデミー」において、学校向けプログラム「東京ディズニーリゾートで学ぶ」のレクチャー(講義)をパーク体験前にオンラインで受講できるようにする。

イベント 学習者
オンライン形式の学校向けプログラム「東京ディズニーリゾートで学ぶ~将来の自分に向けて」(画像はイメージ) (c) Disney
  • オンライン形式の学校向けプログラム「東京ディズニーリゾートで学ぶ~将来の自分に向けて」(画像はイメージ) (c) Disney
  • オンライン形式の学校向けプログラム「東京ディズニーリゾートで学ぶ~将来の自分に向けて」(画像はイメージ) (c) Disney
  • ディズニーアカデミー (c) Disney
 オリエンタルランドは2021年10月より、東京ディズニーリゾートで実施しているセミナープログラム「ディズニーアカデミー」において、学校向けプログラム「東京ディズニーリゾートで学ぶ~将来の自分に向けて~」のレクチャー(講義)をパーク体験前にオンラインで受講できるようにする。

 学校向けプログラム「東京ディズニーリゾートで学ぶ~将来の自分に向けて~」は、ディズニーテーマパークで働くキャスト(従業員)の姿を通して「働くこと」を考え、学ぶ内容。パークでキャストが培ってきたコミュニケーション力を理解し、さまざまな役割をもったキャストの仕事を理解することで「働くこと」をより身近に感じることができる。

 対象(推奨)は中学校。スクールスペシャルパスポートで東京ディズニーリゾートへ入園予約済の学校団体が受講対象となる。インストラクターによる対面形式(約90分)の短縮版として、オンライン配信で動画を視聴する。受講時間は約40分。受講場所は各学校内。受講のタイミングは、来園30日前から前日まで。

 これまでは、修学旅行や課外活動等の当日に東京ディズニーリゾート内の会場でレクチャー(講義)を受講し、その後パーク体験を通じて学びを深めていた。10月からは、パーク体験前に学校でレクチャーを受講することで、パークでの体験時間を今までより長く確保する等、時間を効率的に活用できるようになる。

 従来通りの会場での対面形式に加え、学校でのオンライン形式という新たな選択肢が増えたことで、修学旅行や課外活動等の目的やスケジュールにあわせた受講が可能になる。なお、当面の間は、会場での対面形式レクチャーの実施は見合わせている。

 詳細については、東京ディズニーリゾート・オフィシャルWebサイト内のディズニーアカデミーサイトから確認できる。

◆オンライン形式 学校向けディズニーアカデミー
「東京ディズニーリゾートで学ぶ~将来の自分に向けて」
販売開始:2021年8月16日(月)~
受講開始:2021年10月1日(金)~
※入園予約日の30日前から選択可能
受付期間:受講希望日の45日前まで
実施場所:各学校
※レクチャー(講義)の実施場所
受講対象:スクールスペシャルパスポートで東京ディズニーリゾートへ入園予約済の学校団体
対象:中学校
受講時間:約40分
※レクチャー(講義)の所要時間
セミナー料金:1人あたり1,500円(税込)
※スクールスペシャルパスポートの販売基準にあわせて25名以上から申込可能
《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top