教育業界ニュース

学校全体でICT活用、私立高61%・国公立高48%

 学校全体でのICTを活用推進している高校は51.2%で、私立61.1%、国公立47.8%と私立が先行していることが、リクルート進学総研が2021年6月7日に発表した「高校教育改革に関する調査2021『ICT活用』編」より明らかになった。

教材・サービス 授業
2020年コロナ禍での学校運営の取組状況
  • 2020年コロナ禍での学校運営の取組状況
  • 教育活動でのICT活用状況
  • 今後の教育活動におけるICT活用意向
  • ICT活用推進のための取組
 学校全体でのICTを活用推進している高校は51.2%で、私立61.1%、国公立47.8%と私立が先行していることが、リクルート進学総研が2021年6月7日に発表した「高校教育改革に関する調査2021『ICT活用』編」より明らかになった。

 調査は、全日制高校で行われている教育改革(新しい学習指導要領、入学者選抜、ICT活用、キャリア教育、進路指導、学校改革に関する取組み等)の実態を明らかにする目的で実施。全国の全日制高等学校4,738校を対象に実施し、1,156件の回答を元に集計した。調査期間は、2021年2月1日~3月5日(3月10日郵送到着分までを集計対象とした)。

 2020年のコロナ禍で推進された学校運営の取組みについて、計画通りいかなかった割合は「特別活動の取組」82.0%、「進路指導・キャリア教育の取組」69.0%、「『主体的・対話的で深い学び』の視点による授業改善の推進」55.6%と対面前提で実施してきた取組への影響が大きかった。なお、特別活動とは「ホームルーム活動」や「生徒会活動」、入学式・文化祭・修学旅行等の「学校行事」を指す。

 一方、計画以上に進んだのは「ICTの活用」が44.6%ともっとも高かった。フリーコメントでは、「最初の緊急事態宣言以降の休校措置に対応して、オンライン授業をし始める教員が増えてきて、学校自体のICT化がぐっと進みました。意識ある教員がICTに目覚め、教育の質がぐっと上がった気がします」(千葉県/私立)等の意見があった。

 教育活動でのICT活用状況について、96.7%の高校が授業・ホームルーム・探究などの教育活動にICTを活用。学校全体で活用している高校は51.2%で半数以上にのぼる。設置者別に見ると、学校全体での活用推進は私立61.1%、国公立47.8%と私立が先行している。

 今後の教育活動におけるICT活用意向は、「授業での活用」が77.8%ともっとも高く、「宿題・課題等の配信」68.0%、「コミュニケーション」50.1%、「外部との連携強化」41.5%。授業や宿題での活用意向が強い。さらなる推進のための取組は「先生方の研修の強化」63.3%が突出して高い。
《工藤めぐみ》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top