教育業界ニュース

東大×ポプラ社セミナー第1回「紙とデジタルどうちがう?」6/15

 東京大学Cedepとポプラ社は2021年6月15日、オンラインセミナー「デジタル時代の子どもと絵本・本」シリーズの第1回「紙とデジタルどうちがう?~絵本の役割と子どもの育ち~」を開催する。定員は先着500名。参加無料。申込みは東京大学CedepのWebサイトで受け付けている。

イベント 学習者
 東京大学Cedepとポプラ社は2021年6月15日、オンラインセミナー「デジタル時代の子どもと絵本・本」シリーズの第1回「紙とデジタルどうちがう?~絵本の役割と子どもの育ち~」を開催する。定員は先着500名。参加無料。申込みは東京大学CedepのWebサイトで受け付けている。

 東京大学大学院教育学研究科附属 発達保育実践政策学センター(東京大学Cedep)とポプラ社は共同で、子供を取り巻く読書環境の改善を目的に、「本」の価値を科学的なアプローチで明らかにする「子どもと絵本・本に関する研究」プロジェクトを2019年8月より行っている。

 今回、共同プロジェクトで得られた知見をもとに、「デジタル時代の子どもと絵本・本」シリーズと題したオンラインセミナーを全4回開催する。毎回多彩なゲスト・講師を招き、デジタル時代の子供の発達と絵本・本の関係や、子供をとりまく絵本・本環境について学びを深める。

 第1回のテーマは「紙とデジタルどうちがう?~絵本の役割と子どもの育ち~」。遠藤利彦Cedepセンター長が、3年目を迎える共同プロジェクトの意義とこれまでの成果について講演する他、保育者で絵本作家でもある柴田愛子先生と遠藤センター長による対談を通して、絵本・本とのより良い関わり方や、より豊かな読書環境を実現するための手がかりについて共に考える。

 セミナーの視聴には事前申込みが必要。定員先着500名で、Webサイトにて申込みを受け付けている。

◆東京大学Cedep×ポプラ社 共同研究プロジェクト・オンラインセミナー「デジタル時代の子どもと絵本・本」シリーズ
【第1回:紙とデジタルどうちがう?~絵本の役割と子どもの育ち~】
日時:2021年6月15日(火)15:00~16:30(14:30より入室可)
場所:オンライン開催(Zoomウェビナー)
定員:先着500名
参加費:無料
申込方法:東京大学CedepのWebサイト内セミナーページの申込みフォームから申し込む
《畑山望》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

page top