教育業界ニュース

NTT、学校給食費の徴収・管理業務の効率化…立川市と実証

 NTTファイナンスは、クラウド型の決済ソリューション「楽々クラウド決済サービス」を活用した、学校給食費の徴収・管理業務の効率化に関する実証実験を立川市で開始した。期間は2021年5月17日から6月末までの予定。

教育行政 教育委員会
実証実験イメージ
  • 実証実験イメージ
  • 利用イメージ
 NTTファイナンスは、クラウド型の決済ソリューション「楽々クラウド決済サービス」を活用した、学校給食費の徴収・管理業務の効率化に関する実証実験を立川市で開始した。期間は2021年5月17日から6月末までの予定。

 文部科学省は2019年7月、「学校給食費徴収・管理に関するガイドライン」を策定し、自治体が学校給食費を徴収する「公会計化」を推進している。しかし、「公会計化」を実施している自治体は全体の26.0%で、公会計化に着手できていない自治体が多い現状にある。

 立川市は2023年度までに公会計化することを目指し、事業提案制度(テーマ型)募集を実施。その結果、NTTファイナンスが選定され、同社が2020年10月に提供を開始した「楽々クラウド決済サービス」を活用して公会計化の導入に向けた実証実験を行うことになった。

 実証実験では、学校給食費の公会計化の推進として、総合行政ネットワーク(LGWAN)環境下で「楽々クラウド決済サービス」を導入することで、徴収・管理業務の公会計化移行における技術的課題の抽出、業務要件等の明確化、コスト・業務効率化等について検証を行う。

 実証実験の結果は別途公表される。NTTファイナンスは今後、実証実験で得られたデータを分析・検証することにより、楽々クラウド決済サービスを活用した自治体の「公会計化」の取組みをサポートするとともに、自治体や企業等、地域のさまざまな顧客の働き方改革を実現する決済ソリューションを提供していくとしている。
《外岡紘代》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top