教育業界ニュース

「TEAP受験」助成制度、英語担当教員は特別受験料に

 日本英語検定協会は2021年4月7日、英語担当教員向けに「TEAP受験」の助成制度の案内をWebサイトにて掲載。通常受験料1万5,000円のところ、助成制度利用対象者は1万1,250円(いずれも税込)でTEAPを受験することができる。

教材・サービス その他
日本英語検定協会
  • 日本英語検定協会
  • 2021年度「TEAP」
 日本英語検定協会は2021年4月7日、英語担当教員向けに「TEAP受験」の助成制度の案内をWebサイトにて掲載。通常受験料1万5,000円のところ、助成制度利用対象者は1万1,250円(いずれも税込)でTEAPを受験することができる。

 TEAPはおもに高校生を対象とした大学入試を想定して開発されたテスト。構成は日本における「大学教育レベルにふさわしい英語力」を測るうえで適切な設計となっており、内容はすべて大学教育(留学も含む)で遭遇する場面を考慮して作成されている。難易度の目安は英検準2級~準1級程度。現在、260以上の大学が入試優遇で利用しており年々増加しているという。

 「TEAP受験」助成制度利用対象者は、学校教育法第1条に規定された学校のうち、小学校教員・中学校・高等学校・中等教員学校・特別支援学校・高等専門学校に勤務する常勤の英語教員。該当試験日は2021年度試験日程(7月18日・9月12日・11月21日)。

 申込希望者は、メールにて必要な情報を記載のうえ、連絡すること。折り返し、申込方法が案内される。申込締切は、各試験回とも一般受験者の14日前。申込者が一定数に達した時点で終了となる場合がある。また、各会場の座席数には限りがあるため、満席になった場合、その会場は申込みできない。受験は1人年度で1回のみ。

◆TEAP受験 助成制度
対象となるテスト:日本英語検定協会主催のTEAP
教員特別受験料:1万1,250円(税込)
※通常料金は1万5,000円(税込)
利用対象者:学校教育法第1条に規定された学校のうち、小学校教員・中学校・高等学校・中等教員学校・特別支援学校・高等専門学校に勤務する常勤の英語教員
該当試験日:2021年度試験日程(2021年7月18日(日)・9月12日(日)・11月21日(日))
申込締切:各試験回とも一般受験者の14日前
申込みの流れ:
(1)以下のメールアドレス宛に次の情報を連絡(折り返し、申込方法が案内される)
・メールの宛先:teap-kyouinzyosei@eiken.or.jp
・メール件名:「TEAP 受験 助成制度」と記載
・メール本文:学校名、名前、担当学年、メールアドレス、電話番号
(2)「TEAP」Webサイトにて、TEAP IDの登録(初めてTEAPを受験する者のみ)
(3)「TEAP」Webサイトから申込み
※申込者が一定数に達した時点で受付終了となる場合がある
※各会場の座席数には限りがあるため、満席になった場合、その会場は申込みできない
※受験は1人年度で1回のみ
《桑田あや》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top