教育業界ニュース

授業支援クラウド「スクールタクト」、大学の教員養成課程などに無償提供

 コードタクトは2021年3月16日、「明日の先生」応援キャンペーンを開始した。授業支援クラウド「スクールタクト(schoolTakt)」を、大学の教員養成課程および自治体の教育センターへ無償提供する。提供期間は最長で3年。

教材・サービス 授業
「明日の先生」応援キャンペーン
  • 「明日の先生」応援キャンペーン
  • 無償提供は最長で3年
  • スクールタクト
 コードタクトは2021年3月16日、「明日の先生」応援キャンペーンを開始した。授業支援クラウド「スクールタクト(schoolTakt)」を、大学の教員養成課程および自治体の教育センターへ無償提供する。提供期間は最長で3年。

 「スクールタクト」は、機種を問わずにICTを活用した授業ができる授業支援クラウド。GIGAスクール構想や学習指導要領など最新の教育トレンドを考慮したさまざまな機能で、先生が教えやすく生徒が学びやすい環境を作る。文部科学省、総務省、内閣府などICT教育の実証プログラムに採択されており、国公私立問わず800校を超える小学校・中学校・高校・大学、教育委員会に導入されている。

 GIGAスクール構想の実現へ向けて、教員養成系の課程・系列・コースを有する大学や各自治体の教育センターにおいては、ICT活用指導力向上のための取組みが進んでいる。そんな中、学生と学校現場とをスクールタクトでつなぎ、1人1台ICT端末時代に教育界を担う「明日の先生」を応援すべく「明日の先生」応援キャンペーンを開始。キャンペーンでは、教員養成系を有する大学および現場と学生をつなぐ各自治体教育委員会傘下の教育センターへも同様にスクールタクトの無償提供を行う。

 キャンペーンの対象は、道府県教委および市区町村教委傘下の教育支援センターの担当者、教員養成系の課程・系列・コースを有する大学の担当者(短期大学については今後検討)。提供アカウント数は、先生40アカウント、生徒40アカウント。提供期間は申込みから1週間程度~2024年3月31日まで(新学習指導要領が小中高で運用開始される年度まで)。利用期間に応じて数回の感想レポートなどの提出をお願いしている。回答時間の目安は15分程度。また、キャンペーン参加校・センターを対象としたワークショップなどの開催を予定している。

 申込みは、無料体験申し込みフォームから、備考欄に「明日の先生応援キャンペーン」と記載し申し込む。
《田中志実》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top