教育業界ニュース

コロナ状況下の青少年教育を考えるフォーラム「自然体験活動編」2/5

 国立青少年教育振興機構 青少年教育研究センターは、オンラインフォーラム「子ども・若者に関わる施設・団体の2020年(度)をふりかえる[自然体験活動編]」を2021年2月5日に開催する。YouTubeによるライブ配信を行う。参加費は無料。

イベント 教員
 国立青少年教育振興機構 青少年教育研究センターは、オンラインフォーラム「子ども・若者に関わる施設・団体の2020年(度)をふりかえる[自然体験活動編]」を2021年2月5日に開催する。YouTubeによるライブ配信を行う。参加費は無料。

 新型コロナウイルス感染拡大が続く中、子ども・若者に関わる施設・団体は、今もなお進化し続ける状況への対応を続けている。同センターは、2020年5月に「第1回コロナ状況下の青少年教育を考えるオンラインフォーラム」を開催。これまでに3回のフォーラムを開催してきた。

 4回目となる今回は、2020年以降のコロナ禍における「自然体験活動」をふりかえり、今後の展望や課題について参加者と一緒に考える。登壇者は、日本環境教育フォーラムの加藤超大氏、国際自然大学校の稲松謙太郎氏と小澤潤平氏。

 ライブ配信終了後も視聴可能だが、視聴者参加型のため、リアルタイムでの視聴をお勧めする。

◆第4回 コロナ状況下の青少年教育を考えるオンラインフォーラム
子ども・若者に関わる施設・団体の2020年(度)をふりかえる[自然体験活動編]
日時:2021年2月5日(金)18:30~20:00
参加方法:YouTubeによるライブ配信、スグキクを用いたリアルタイムコメント
定員:なし
参加費:無料
《工藤めぐみ》

編集部おすすめの記事

特集

page top