教育業界ニュース

1人1台端末運用の注意点と効果的活用法…Skyウェビナー9/30まで

 GIGAスクール構想の前倒し実施により、学校のICT環境が大きく変わろうとしている。そこでSkyではウェビナー「GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには?」を期間限定で実施する。視聴期間は2020年9月30日午後5時まで。

教材・サービス 授業
教育関係者向けウェビナー「GIGAスクール構想1人1台端末を効果的に活用するには?」
  • 教育関係者向けウェビナー「GIGAスクール構想1人1台端末を効果的に活用するには?」
 GIGAスクール構想の前倒し実施により、学校のICT環境が急速に変わろうとしている。そこでSkyではウェビナー「GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには?」を期間限定で実施する。視聴期間は2020年9月30日午後5時まで。

 本ウェビナーでは、児童生徒1人1台端末が整備されたのちに効果的に活用するために、あらかじめ留意しておくべき端末運用のポイントを紹介。また、Skyの学習活動端末支援Webシステム「SKYMENU Cloud」を使った「主体的・対話的で深い学び」を実現する授業事例や、双方向性のあるオンライン学習、学校と家庭との連絡事項の共有など、休業時における活用方法も紹介する。

 ウェビナーでは4つのコンテンツが視聴できる。インタビュー「これからの教育の情報化を展望する」では、GIGAスクール構想によって児童生徒1人1台端末の整備が現実味を帯びてきている現状を踏まえ、急激に進む教育の情報化の波にどのように向き合うべきか、放送大学教授の中川一史氏より語られている。

 「どうする?1人1台運用の注意点~多台数環境において教育委員会や学校が留意しておくべきポイント~」では、大量の備品管理や故障への対応や、年度替わりや転入生への対応、オンライン学習などの実運用を見据え、子どもたちが安心して学べるよう教育委員会や学校が準備しておくべきポイントが示される。

 「児童生徒の発達段階を考慮した1人1台端末活用~小学校低学年・高学年、中学校それぞれの『SKYMENU Cloud』活用事例~」では、子どもたちの発達段階に応じた違いに考慮し、学習活動端末支援Webシステム「SKYMENU Cloud」を使って無理なくICTを活用する方法が語られ、「SKYMENU Cloudで実現できる『オンライン学習』と『連絡事項の共有』」では、Web会議システムと学習活動端末支援とWebシステム「SKYMENU Cloud」を組み合わせることで実現できる、双方向性のあるオンライン学習や、学校と家庭との連絡事項の共有の実現について紹介される。

 ウェビナーの対象者は教育委員会や自治体、学校の職員、教員。ウェビナー視聴は申込制で、視聴期間中の都合の良いときにPCやスマートフォンから視聴が可能となっている。なお、実施内容などは予告なく変更になる場合がある。

詳細・申込みはこちらから
◆GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには?
開催:オンライン
視聴期間:2020年9月30日 17:00まで
対象:教育委員会、自治体、学校の職員・教員
料金:無料
主催:Sky
《鶴田雅美》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top