教育業界ニュース

ソニー・グローバルエデュケーション、ラズベリーパイと業務提携しSTEAM教育推進

 ソニー・グローバルエデュケーションは2020年8月12日、英国ラズベリーパイ(Raspberry Pi、RasPi)とSTEAM/コンピュータサイエンス教育ソリューションパッケージの開発・普及における協業を行うことで合意したことを発表した。

教材・サービス 授業
 ソニー・グローバルエデュケーションは2020年8月12日、英国ラズベリーパイ(Raspberry Pi、RasPi)とSTEAM/コンピュータサイエンス教育ソリューションパッケージの開発・普及における協業を行うことで合意したことを発表した。

 ソニー・グローバルエデュケーションの教育コンテンツ・ソフトウェアと、ラズベリーパイのハードウェアを組み合わせてソリューションパッケージを提供することで、STEAM/コンピュータサイエンス教育を革新し、これからの社会で文系理系問わず求められるスキルや知見を、楽しみながら体系的に習得できる環境構築を目指すとしている。

 その第1弾として、2021年度に発売予定の日本市場向け教材を開発している。

 ソニー・グローバルエデュケーションは、2020年度に小学校で必修化されたプログラミング教育に向けたロボットプログラミング学習キット「KOOV(クーブ)」や体験型デジタル教材「PROC(プロック)」などの教育サービスを提供している。

 英国ラズベリーパイはラズベリーパイ財団として、プログラミング教育に関する教員向けプログラムの展開や、関連コミュニティの運営などによる普及、啓発活動を実施。財団の子会社であるラズベリーパイトレーディングは、世界で累計3,000万台以上の出荷実績があるシングルボードコンピュータ「Raspberry Pi」シリーズを開発・販売している。
《田村麻里子》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top