教育業界ニュース

日本マイクロソフト、教育関係者向けカンファレンス8/9

 日本マイクロソフトは2020年8月9日、小・中・高校の教職員、教育委員会担当者や教育関係者、イベントに興味のある企業の者を対象とした「Power Platform カンファレンス」をオンライン開催する。参加無料・申込不要。

イベント 教員
Power Platformで変わる学校の一日~教育関係者向け Power Platform カンファレンス~
  • Power Platformで変わる学校の一日~教育関係者向け Power Platform カンファレンス~
  • 日本マイクロソフト
 日本マイクロソフトは2020年8月9日、小・中・高校の教職員、教育委員会担当者や教育関係者、イベントに興味のある企業の者を対象とした「Power Platform カンファレンス」をオンライン開催する。参加無料・申込不要。

 マイクロソフトが提供する「Power Platform」は、エンジニアではない現場の教職員が自ら実用的なアプリケーションを開発し、ワークフローの自動化処理を行い、ビッグデータ解析を実行できるプラットフォーム。日本を含む世界の教育機関では「Power Platform」を用いて、ペーパーレス化や授業での活用により働き方改革・学び方改革が始まっており、こういった実践を発表・共有する場として、この度「Power Platform カンファレンス」を開催する。

 カンファレンスでは、基調講演「教育分野におけるPower Platformを通じた業務とキャリアの変革例」のほか、「学校の先生だからこそプログラミング~office365をフルに活用して~」「Power Platformで校務を自動化!先生たちが創造的に働ける環境を!」と題したミニセッションなどを実施。マイクロソフト認定教育イノベーターによるライトニングトークでは、研修図書貸出システムや教育相談予約アプリ、健康観察アプリなど実際に学校で活用されているアプリを各学校の先生たちがリレー形式で紹介する。

 参加者には特典として、当日にPower Platformの実践集をダウンロードできるリンクを案内する。

 参加無料。申込不要で、開催時間になったら参加用URLにアクセスすることで参加できる。定員は1万人。

◆Power Platformで変わる学校の一日~教育関係者向け Power Platform カンファレンス~
日時:2020年8月9日(日)13:00~15:20
形式:オンライン開催
対象:小・中・高校の教職員、教育委員会担当者や教育関係者、イベントに興味のある企業の者
募集人数:1万人
参加費:無料
参加方法:開催時間になったら参加用URLにアクセス
《桑田あや》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top