教育業界ニュース

早稲田大、世界標準入試システムTAO採用…9月より利用開始

 早稲田大学は2020年9月より、世界標準モデルのWeb入試コンソーシアム「The Admissions Office(TAO)」を利用した志願者募集を開始する。学生は、1つのフォームで複数の大学に出願できる。日英両言語に対応しているので、海外からの出願受付も可能。

教材・サービス その他
早稲田大学は世界標準入試システム「The Admissions Office(TAO)」を導入する
  • 早稲田大学は世界標準入試システム「The Admissions Office(TAO)」を導入する
  • The Admissions Office オンラインセミナー
 早稲田大学は2020年9月より、世界標準モデルのWeb入試コンソーシアム「The Admissions Office(TAO)」を利用した志願者募集を開始する。学生は、1つのフォームで複数の大学に出願できる。日英両言語に対応しているので、海外からの出願受付も可能。

 The Admissions Office(TAO)は、世界標準のオンラインアプリケーション。日本語・英語で利用でき、グローバル対応のシステムでありながら、独自フォームの作成機能やCSVインポート/エクスポート機能など日本の大学の実情にあわせた運用が可能。国内学生のAO入試や多面的・総合的評価型入試、海外学生の募集にも活用できる。

 早稲田大学は9月より、外国人留学生が多く在籍する国際教養学部や、社会科学部、大学院国際コミュニケーション研究科において、入試で必要となる出願書類をTAOで受け付けることになった。出願フォームは、TAOの「フォーム作成機能」により、大学の管理者が自らセットアップしたもの。このフォームを使って、世界各国の志願者が出願を行う。

 日本学生支援機構の調査によると、2018年5月1日時点で早稲田大学は日本国内の全大学の中でもっとも多い5,412人の外国人留学生を受け入れている。日本でのTAO導入校は早稲田大学が4校目。ほかに芝浦工業大学、京都先端科学大学、総合研究大学院大学が参画している。

 日本アクティブラーニング協会とサマデイは2020年7月11日、大学・専門学校関係者に向けてTAOの実践事例を紹介するオンラインセミナーを開催する。参加費は無料。参加申込はWebサイトにて受け付けている。
《外岡紘代》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top