教育業界ニュース

高等教育機関対象「大学の遠隔授業化支援パック」提供開始

 デジタル・ナレッジは2020年3月26日、大学・専門学校をはじめとする高等教育機関を対象に、明日からできる「大学の遠隔授業化支援パック」の提供を開始したことを発表した。

教材・サービス 授業
大学の遠隔授業化支援パック
  • 大学の遠隔授業化支援パック
  • デジタル・ナレッジ
 デジタル・ナレッジは2020年3月26日、大学・専門学校をはじめとする高等教育機関を対象に、明日からできる「大学の遠隔授業化支援パック」の提供を開始したことを発表した。

 新型コロナウイルス感染拡大により、世界中、各所にさまざまな影響が出ている中、大学では4月から予定していた新学期の授業を延期している学校が多く、今後の状況によってはさらに授業が延期される可能性もある。

 文部科学省は2020年3月24日に国公立大学に向けて「2020年度における大学等の授業の開始等について」を発表した。記載の中には「感染リスクを低減する観点から、面接授業の一部を遠隔授業で行うことが考えられる」と通知があった。

 「大学の遠隔授業化支援パック」では、eラーニングシステム「ナレッジデリ」を活用し、教材の作成、管理、更新、配信、閲覧状況の確認、集計などをすべてWebブラウザから簡単に行うことができる。ホスティングサービス(ASP)のため導入の際も手間いらずで、専門知識も必要ないという。

 「大学の遠隔授業化支援パック」には「遠隔授業はじめかたマニュアル」が付いており、マニュアルでは、短期間で効率的に遠隔授業化を実施するための進め方、準備するものや、遠隔授業に必要な教科設計、授業の教材製作、授業の配信、授業の管理について項目ごとに細かく記載している。

 付属するeラーニングシステムで、授業を行う側は、PowerPointスライド・PDFデータ・動画・HTMLをもとに簡単に教材化、テスト問題化が可能なほか、課題登録、レポート提出・添削、アンケート配信・集計を管理画面から簡単に設定・配信・管理することができる。オプションで遠隔講義用ライブ授業配信機能もついている。

 授業を受ける側は、教材の学習、質問、テストの受講・分析、レポートの提出、アンケートの回答、修了証の表示が可能。

 さらに、受講者・教材登録はCSVで一括登録が可能なほか、受講者の受講履歴を閲覧・検索・抽出ができ、受講者別、教科別での学習進捗や成績の閲覧などの受講履歴管理が可能だ。

 また、緊急に立ちあげる必要がある担当者を支援するため、システムの遠隔操作研修や、各種作業代行、電子教材制作請負も提供している。詳細はWebサイトにて問い合わせること。
《鈴木あさり》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top