教育業界ニュース

ソニー生命、大阪大サステナビリティボンド投資へ

 ソニー生命保険は2022年4月22日、大阪大学が発行するサステナビリティボンド「大阪大学 生きがいを育む社会創造債」への投資が決定したことを発表した。

教育行政 その他
ソニー生命
  • ソニー生命
  • 大阪大学
 ソニー生命保険は2022年4月22日、大阪大学が発行するサステナビリティボンド「大阪大学 生きがいを育む社会創造債」への投資が決定したことを発表した。

 サステナビリティボンドとは、調達資金の使途が、「環境改善効果があること」および「社会的課題の解決に資するものであること」の双方を有する債券のこと。

 大阪大学は、国の高等教育政策を担う国立大学であり、世界最先端の研究の成果を社会に還元し続けている。「大阪大学 生きがいを育む社会創造債」への投資資金は、大阪大学の中長期的なプランである「OU マスタープラン 2027」のもとで実施するキャンパス等の改修・更新および先端的な教育研究の整備に充当されるとともに、大阪大学が掲げる「生きがいを育む社会の創造注」の実現につながることを期待する。

 また、「大阪大学 生きがいを育む社会創造債」への投資は、「すべての人々へ包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する」「すべての人々に手ごろで信頼でき、持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスを確保する」「強靭なインフラを整備し、包摂的で持続可能な産業化を推進するとともに、技術革新の拡大を図る」「都市と人間の居住地を包摂的、安全、強靭かつ持続可能にする」という観点から、日本が抱える社会的課題の解決や、国連の持続可能な開発目標(SDGs)の達成に貢献すると考えられる。

 ソニー生命保険は、このような投資を継続的に実施することによって、持続可能な社会の実現に貢献できるよう取組みを推進していくとしている。
《木村 薫》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top