教育業界ニュース

高校生と教師向け、金融教育シンポ…杉村太蔵講演3/25

 金融庁は、高校生や高校教師向けに、体験型のグループワークや有識者の講演等を通じて、金融リテラシーの向上を目指すシンポジウムを2022年3月25日に開催する。会場は、札幌・函館・帯広の北海道財務局とオンラインの同時開催。各会場とも定員制。参加無料。

イベント 教員
 金融庁は、高校生や高校教師向けに、体験型のグループワークや有識者の講演等を通じて、金融リテラシーの向上を目指すシンポジウムを2022年3月25日に開催する。会場は、札幌・函館・帯広の北海道財務局とオンラインの同時開催。各会場とも定員制。参加無料。

 このシンポジウムは、高校生への金融・消費者犯罪被害の防止に向けた教育の他、生涯を見通したライフプランを設計をするための金融商品・サービスを選択をする際の金融リテラシーの向上を目指し開催する。

 プログラムは3部制。第1部は、「お金について考えてみよう!タイゾーの金融経済超入門~生きる力、自立する力を高めるために~」と題し、元衆議院議員の杉村太蔵が基調講演を行う。基調講演は、Zoomによるライブ配信のみ。

 第2部は高校生向けに、架空の企業の株価に基づいて模擬投資をする資産形成体験ゲームを行う。経済や株式市場を教材にすることで、経済の仕組みや社会の動き等を体験的に学習する。資産形成体験ゲームでは、高校生が数名のグループに分かれて、グループワークを行い、投資行動を決定する。

 第3部は、教師向けに「金融経済教育・消費者教育の現状と課題」についてのパネルディスカッションを行う。パネラーには、北星学園大学教授の鳴海昌江氏、北海道立消費生活センター教育啓発部長の斎藤清美氏、北海道高校遠隔授業配信センター教諭の佐藤豊記氏が登壇する。コーディネーターは札幌学院大学の橋長真紀子教授が務める。

 「高校生と先生のための金融教育シンポジウム」は、3月25日の午後1時25分~4時50分開催。会場は、札幌証券取引所、北海道財務局の函館財務事務所と帯広財務事務所。Zoomによるオンラインも同時開催する。申込みは、氏名・学校名・学年・電話番号・参加希望の会場・参加希望プログラムを入力し、メールで送付する。締切りは、2月25日までだが、定員になり次第、締め切る。

◆高校生と先生のための金融教育シンポジウム
日時:2022年3月25日(金)
・第1部:13:30~14:30
・第2部:14:45~15:45
・第3部:16:00~16:45
会場:札幌証券取引所、北海道財務局の函館財務事務所と帯広財務事務所、Zoomによるオンライン
対象:高校生、高校教師
募集人数
・第1部:札幌50名、函館8名、帯広8名、オンライン250名
・第2部:札幌24名、函館4名、帯広4名、オンライン3名
・第3部:札幌50名、函館8名、帯広8名、オンライン250名
締切:2022年2月25日(金)
参加費:無料
申込方法:必要事項を入力し、メールで送付する
《川端珠紀》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

page top