教育業界ニュース

鉛筆の資源循環システム、品川区立小学校等で実証実験開始

 品川区は2021年11月15日より、品川区内の小学校・義務教育学校の11校と品川郵便局で「鉛筆の資源循環システム」の実証実験を開始。使用済み鉛筆を棒状肥料に再生することで、ごみ減量を図るとともに、子供たちに資源循環を体感・実感してもらうことをねらいとしている。

事例 企業×学校
フォレストサポーター鉛筆
  • フォレストサポーター鉛筆
  • 鉛筆の資源循環システム
  • ペンシルポスト
  • 棒状肥料
 品川区は2021年11月15日より、品川区内の小学校・義務教育学校の11校と品川郵便局で「鉛筆の資源循環システム」の実証実験を開始。使用済み鉛筆を棒状肥料に再生することで、ごみ減量を図るとともに、子供たちに資源循環を体感・実感してもらうことをねらいとしている。

 「鉛筆の資源循環システム」は、木材を主材料とする鉛筆を使用後に回収し、棒状肥料やバイオマス発電として再利用するシステム。今回、品川区内に本社のある三菱鉛筆が新たに開発した、国産ヒノキを使った鉛筆の後端部分に芯が入っていない鉛筆「フォレストサポーター鉛筆」を使用した実証実験を開始。区立小学校・義務教育学校11校が参加協力し、11月より準備が整った学校から実施する。

 開始にあたり、参加校の児童1人につき「フォレストサポーター鉛筆」を5本提供する。子供たちが使い終えたフォレストサポーター鉛筆は、各校と品川郵便局に設置した回収箱「ペンシルポスト」で集め、日本郵便の配達車両を活用して運搬。回収した鉛筆はサカタのタネが棒状肥料に再生し、学校に還元する。あわせて、従来の鉛筆も同時に回収し、バイオマス発電に再利用する。
《桑田あや》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

特集

page top