教育業界ニュース

NTT Com「まなびポケット」文科省の学習システムと連携

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2021年11月1日、文部科学省が推進する学びの保障オンライン学習システム「MEXCBT」と、同社のクラウド型教育プラットフォーム「まなびポケット」が連携を開始したと発表した。

教材・サービス 授業
「MEXCBT」全体像
  • 「MEXCBT」全体像
  • NTTコミュニケーションズ「まなびポケット」
 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2021年11月1日、文部科学省が推進する学びの保障オンライン学習システム「MEXCBT」と、同社のクラウド型教育プラットフォーム「まなびポケット」が連携を開始したと発表した。

 「まなびポケット」は、NTT Comが提供するクラウド型教育プラットフォーム。児童生徒、教職員が1人1つのアカウントを持ち、授業支援システムや学習コンテンツ、授業記録システム等、さまざまなサービスを利用できる。

 MEXCBTは、文部科学省が推進する学びの保障オンライン学習システム。オンラインで学習やコンピュータを利用した試験ができる。

 今回、まなびポケットは、MEXCBTを活用する際の入り口である学習eポータルとなり、MEXCBTへのシングルサインオン機能や学習状況・テスト結果の可視化機能を提供する。この連携により、小・中・高等学校でICT端末の導入だけでなく、ICT利活用を促進し、文部科学省が推進する「子供たちひとりひとりに個別最適化され、創造性を育む教育ICT環境の実現」に貢献する。

 無償キャンペーンにつき、学習eポータルとして「まなびポケット」を採用した自治体や小・中・高等学校に、「まなびポケット学力調査(CBT)」等4つのコンテンツを無償で提供する。一部条件があるため、詳細はWebサイトで確認のこと。
《工藤めぐみ》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top