教育業界ニュース

折りたたみ式Bluetoothキーボード「MOBO Keyboard 2」発売

 PC周辺機器等の卸、輸出入、販売代理店を行うアーキサイトは、トラベルグッズブランド「MOBO(モボ)」より、コンパクトに折りたたみでき、持ち運びに便利な日本語配列Bluetoothキーボード「MOBO Keyboard 2(モボキーボード2)」の販売を開始する。

ICT機器 授業
MOBO Keyboard 2
  • MOBO Keyboard 2
  • MOBO Keyboard 2(BKG)
  • MOBO Keyboard 2(SLW)
  • MOBO Keyboard 2(BKG)
  • MOBO Keyboard 2(SLW)
  • くぼみキーキャップ
  • 使用イメージ
  • マルチペア使用イメージ
 PC周辺機器等の卸、輸出入、販売代理店を行うアーキサイトは、トラベルグッズブランド「MOBO(モボ)」より、コンパクトに折りたたみでき、持ち運びに便利な日本語配列Bluetoothキーボード「MOBO Keyboard 2(モボキーボード2)」の販売を開始する。

 「MOBO Keyboard(モボキーボード)」は、アーキサイトが販売する日本語配列の折りたたみ式キーボード。今回、キートップに指先がなじむよう、丸みのあるくぼみのついた新型キーキャップを採用し、USBコネクタを最新型USB-Cへリニューアルした「MOBO Keyboard 2(モボキーボード2)」を発売する。

 前作の「MOBO Keyboard」と同様に折りたたんで持ち運べる小型Bluetoothキーボード。折りたたむと文庫本サイズになる三つ折り構造で、二つ折り型のようにスペースキーが2つに分かれたり、キーサイズが極端に崩れたりすることがない。また、両端にたわみ防止の脚がついているため、がたつきのないしっかりした打鍵が可能となる。

 キーボードには、一般的な日本語配列で配置されている、逆L字の縦長大型Enterキーを搭載。キースイッチはパンタグラフ構造で、ノートパソコンと同様に短いストロークで軽快なタイピングに適している。打ちやすい19mmのキーピッチと、隣接するキーとの間に隙間のあるアイソレーション設計でタイプミスを軽減。半角/全角、変換、無変換等、日本語配列独自のキーも省略せずに配置している。

 Bluetooth接続した2台の機器を簡単に切り替えできるマルチペアリングに対応。USBでの有線接続も可能で、充電が切れても有線接続で使うことができる。また、パソコンを有線接続、スマートフォンやタブレットをBluetooth接続し、切り替えて使用できる。

 接続先OSを自動認識する「ホットキー最適化機能」も搭載。消費電力の少ないBluetooth 5.1を採用し、最大約84時間の連続使用が可能。折りたたむと自動で電源がオフになるため、電源スイッチを切り替える手間がかからない。

 希望小売価格はオープンプライス。筐体色ブラック/キーキャップ色グレー、筐体色シルバー/キーキャップ色ホワイトの2種類ある。

◆MOBO Keyboard 2
型番(筐体色/キーキャップ色):
・AM-K2TF83J/BKG(ブラック/グレー)
・AM-K2TF83J/SLW(シルバー/ホワイト)
使用時サイズ:291×13×120mm
折りたたみ時サイズ:166×15×120mm
重量:キーボード本体286g、スタンドカバー172g
キースイッチタイプ:パンタグラフ
キーピッチ:約19mm(一部16.6mm/14.3mm)
Bluetooth規格:Bluetooth 5.1 Class2
対応プロファイル:HID
有線接続:可能(USBインターフェース)
対応OS:Windows10/macOS/iOS/iPadOS
キー配列:日本語JIS配列
※iOS・iPadOS機器接続時はOS側の制限により、英語配列キーボードとして動作する。
※iOS・iPadOSのかな入力には対応していない。
材質:キーボード本体 ABS/TPE/アルミニウム、スタンドカバー PUレザー/PC/マイクロファイバー/シリコン
製品内容:本体、USBケーブル、専用スタンドカバー、取扱説明書兼保証書
製造国:中国
保証期間:購入日より1年間
希望小売価格:オープンプライス
《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top