教育業界ニュース

小学校低学年向け体育教材「カラチャレ」300校に無償配布

 エデュシップは、読売新聞東京本社、筑波大学アスレチックデパートメントと提携し、新たな体育支援サービス「カラチャレ」を発表。小学校低学年に特化した体育ドリルを、全国300校へ無償で配布する。応募締切は10月31日。

教材・サービス 授業
カラチャレ
  • カラチャレ
  • カラチャレ
  • カラチャレ
 エデュシップは、読売新聞東京本社、筑波大学アスレチックデパートメントと提携し、新たな体育支援サービス「カラチャレ」を発表。小学校低学年に特化した体育ドリルを、全国300校へ無償で配布する。応募締切は10月31日。

 「カラチャレドリル」は、全国の小学校で必修になっている「体つくり運動(体つくりの運動遊び)」で行う運動が80種類以上掲載された体育ドリル。さまざまな動きをイラストでわかりやすく解説し、児童ができたところにシールを貼ったり、先生からの表彰状がもらえたりと、楽しみながら学ぶことができる。

 監修を務めたのは、日本体育大学・教授で、元文部科学省スポーツ青少年局体育科教科調査官の白旗和也氏。ドリルは授業だけでなく、家庭学習用としても活用できる。また、先生向けに授業の進め方や各運動の説明方法、評価の仕方まで丁寧に解説した「体育のお助けレシピ」も提供する。

 今回、特別企画として、全国300校の小学校へ「カラチャレドリル」を無償で配布する。申込みは、Webサイトにて受け付けている。締切りは10月31日。申込多数の場合は抽選のうえ、11月上旬に当選校を発表する。発送開始は11月中旬ごろを予定。

 今後、さらに「カラチャレ・シリーズ」として「走・跳の運動遊び(陸上運動)編」「表現リズム遊び(ダンス)編」等の開発も予定している。

◆「カラチャレドリル」無償配布
対象:小学校低学年
寄贈数:300校
締切:2021年10月31日(日)
応募方法:Webサイトから応募する
※申込多数の場合は抽選のうえ、2021年11月上旬に当選校を発表
※発送開始は11月中旬ごろを予定
《桑田あや》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top