教育業界ニュース

川崎市・那覇市・沼津市、小中学校の夏季休業を延長…コロナ対応まとめ

 緊急事態宣言区域では、自治体により小中学校の夏休みを延長している。神奈川県川崎市は2021年8月20日、地域の新型コロナウイルス感染状況を踏まえ、市立小中学校の夏季休業期間を8月31日まで延長することを公表した。沖縄県那覇市や静岡県沼津市も延長を決めている。

教育行政 教育委員会
神奈川県川崎市教育委員会
  • 神奈川県川崎市教育委員会
  • 沖縄県那覇市
  • 静岡県沼津市
  • 新型コロナウイルス感染症の対応について
 緊急事態宣言区域では、自治体により小中学校の夏休みを延長している。神奈川県川崎市は2021年8月20日、地域の新型コロナウイルス感染状況を踏まえ、市立小中学校の夏季休業期間を8月31日まで延長することを公表した。沖縄県那覇市や静岡県沼津市も延長を決めている。

 川崎市は、感染状況の変化に対応するとともに学校の持続的な運営を行うため、夏季休業期間を延長することを決めた。市立小中学校については、8月31日まで夏季休業を延長。当初予定していた授業開始日(学校ごとに異なる)から8月31日までの期間は、9月1日からの授業再開に向けた準備期間とし、各学校で分散登校日を数日設定し、児童生徒の健康観察やGIGA端末を活用した学習支援に向けた準備等を行う。9月1日~9月10日は、午前中授業・給食ありとし、児童生徒は給食終了後に下校する。

 市立高等学校の授業開始日は、全校とも当初から9月1日を予定しているが、朝の時差通学を徹底し、短縮授業の実施を基本とする。部活動については、県大会や県コンクール等の上位大会等およびこれにつながる予選会等に出場する部を除き、8月31日までを活動停止期間としていたが、この期間を9月12日まで延長する。

 那覇市の市立小中学校は、7月22日から8月22日までを夏季休業としていたが、8月29日までの延長を決めている。県内において感染者が急増しており、那覇市においても児童生徒に感染が広がっているため。また、旧盆明けの感染拡大が懸念されることが理由としてあげている。なお、8月23日~8月27日に1日登校日を設け、健康観察および課題の配付、タブレットの配付を行う。中学校については、学校長が「授業日変更届出書」の申請を行えば、8月23日~8月27日の期間を授業日とできる。8月30日からは、通常登校となるが、感染状況によっては、分散登校およびオンライン授業の可能性もある。

 沼津市は、静岡県が8月20日に緊急事態宣言が適用されたことから、市立小中学校の夏季休業期間を8月31日まで延長する。保護者が感染症の対策や治療にあたる医療従事者や社会機能の維持にあたる場合等、やむを得ない理由により、居場所の確保が難しい子供を対象に、午前中を中心に図書室等を開放する。

 神奈川県相模原市も市立小学校と中学校、義務教育学校を2021年8月25日から31日まで臨時休校としている。神奈川県教育委員会は、県内の市町村立学校の新型コロナウイルス感染症の対応について、各市町村教育委員会に問い合わせできるよう、教育委員会一覧を掲載している。
《田中志実》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top