教育業界ニュース

文部科学白書2020、コロナ禍の取組み等を特集

 文部科学省は2021年7月20日、2020年度(令和2年度)「文部科学白書」を公表した。特集では、コロナ禍における文部科学省の取組みや「令和の日本型学校教育」等を紹介している。今後、参考資料や特集の解説動画等も公開される予定。

教育行政 文部科学省
 文部科学省は2021年7月20日、2020年度(令和2年度)「文部科学白書」を公表した。特集では、コロナ禍における文部科学省の取組みや「令和の日本型学校教育」等を紹介している。今後、参考資料や特集の解説動画等も公開される予定。

 文部科学省では、教育、科学技術・学術、スポーツ、文化芸術にわたる施策を広く国民に紹介するため、文部科学白書を毎年刊行している。

 2020年度文部科学白書は、第1部、第2部で構成。第1部では、「新型コロナウイルス感染症禍における文部科学省の取組み」「『令和の日本型学校教育』の構築を目指して」「研究力向上のための若手研究者への支援」の3つを特集している。このうち、特集1「新型コロナウイルス感染症禍における文部科学省の取組み」では、児童生徒の「学びの保障」をはじめとした教育関係の取組み、新型コロナウイルスおよび将来の感染症対策に貢献する研究開発への支援、甚大な影響を受けているスポーツ・文化芸術活動への支援等を紹介している。

 特集2「『令和の日本型学校教育』の構築を目指して」では、Society5.0時代の到来等、社会の在り方そのものが劇的に変わる社会状況を見据え、これからの初等中等教育の目指すべき改革の方向性と具体的な方策について中央教育審議会が取りまとめた答申「『令和の日本型学校教育』の構築を目指して」を中心に、その周知策も含めて掲載している。

 特集3「研究力向上のための若手研究者への支援」では、研究現場の重要な担い手であり、将来の科学技術・イノベーションを牽引していく日本の若手研究者支援の全体像について、若手研究者を取り巻く現状、若手研究者を支援するために行っているおもな施策、若手研究者支援に関する今後の展望を取りあげている。

 第2部は「文教・科学技術施策の動向と展開」と題し、文教・科学技術施策の年次報告として、おもな内容を分野ごとに記述している。

 2020年度(令和2年度)「文部科学白書」は、文部科学省のWebサイトに掲載されている。表紙、参考資料や特集の解説動画等は、今後掲載される予定。
《外岡紘代》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

page top