教育業界ニュース

授業をより楽しく「PenPlus for EPSON 電子黒板」がパワーアップ

 エプソンは2021年7月29日、インタラクティブ(電子黒板)機能搭載プロジェクタに標準添付のペンツールソフト「PenPlus for EPSON 電子黒板」をバージョンアップする。電子黒板を使用した授業をよりスムーズに楽しくする機能拡張を図る。

ICT機器 授業
新ユーザーインターフェイス
  • 新ユーザーインターフェイス
  • エプソンの電子黒板
 エプソンは2021年7月29日、インタラクティブ(電子黒板)機能搭載プロジェクタに標準添付のペンツールソフト「PenPlus for EPSON 電子黒板」をバージョンアップする。電子黒板を使用した授業をよりスムーズに楽しくする機能拡張を図る。

 「PenPlus for EPSON 電子黒板」は、インタラクティブ(電子黒板)機能搭載プロジェクタの標準添付ソフト。投写画面とパソコンをリンクしたり、投写画面に電子ペンで書き込んだ内容をそのまま保存したり、授業でよく使う図版やイラスト・マーク等2,500種以上のスタンプ・テンプレートを簡単に呼び出すことができる等、授業のスムーズな進行をサポートする。手書きの書き込みをデジタル書体に変換し、変換した文字からWeb検索することもできる。

 今回のバージョンアップでは、ユーザーインターフェイスを刷新。色覚多様性に配慮したデザインに更新し、すべてのアクションをアイコンで表現する等、パッと見て操作できるよう操作性を向上した。さらに、近年増加傾向にあるQRコードの読み取りに対応。接続した書画カメラ等から教科書や資料集に掲載されたQRコードを読み取るだけで、ブラウザーが起動し関連サイトが表示される。スタンプ・テンプレートも拡充し、16:6の超ワイドなディスプレイに対応したコンテンツも新たに収録している。

 新バージョンの対応機種は、EB-1485FT/735Fi/725Wi/710UT/696UT/695WT/685WT/536WT。新バージョンに関する詳細情報は、7月下旬にWebサイトに掲載予定。
《畑山望》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top