教育業界ニュース

Microsoft Azure定額制サービス、大学向けに提供

 ナレッジコミュニケーションとシネックスジャパンは2021年4月14日、大学のクラウド移行を支援する定額チケット制「バウチャープラン for Microsoft Azure」の提供を開始した。

教材・サービス その他
バウチャープラン概要イメージ
  • バウチャープラン概要イメージ
  • 利用状況をいつでも確認可能
  • Microsoft Azure定額制サービス、大学向けに提供
 ナレッジコミュニケーションとシネックスジャパンは2021年4月14日、大学のクラウド移行を支援する定額チケット制「バウチャープラン for Microsoft Azure」の提供を開始した。

 「バウチャープラン for Microsoft Azure」は、日本マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を通常の従量課金での提供から定額化することで、教育機関での導入をスムーズにするもの。シネックスジャパンのチャネルパートナーである全国大学生協店舗から、全国の教育機関向けに提供する。

 ユーザーは定額チケットを事前に購入すれば、その範囲内でMicrosoft Azureを含めた各種サービスを利用できるため、従量課金では稟議が困難な教育機関でも導入しやすくなる。Microsoft Azureの利用状況は付随ツールの「Azure Cost Management」からいつでも確認することができ、利用超過による予算オーバーといった事態を回避できる。

 料金は、初回バウチャーが9万9,800円。追加バウチャーは2万9,800円、4万9,800円、9万9,800円(いずれも税込)の3パターンを用意している。

 今回の提供開始に伴い、定額チケット購入者を対象としたハンズオンセミナーを5月19日に開催する。Microsoft Azureを初めて操作する者向けに、Azure仮想マシンの構築およびAzure portalから仮想マシンへのセキュリティで保護されたリモート接続について学ぶことができる。参加無料(購入した定額チケットを利用)。詳細はメールで問い合わせること。

◆ハンズオンセミナー
日時:2021年5月19日(水)
場所:ウェビナー方式
対象:定額チケット購入者
参加費:無料(購入した定額チケットを利用)
問合先:cloud@knowledgecommunication.jp
《桑田あや》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top