教育業界ニュース

【大学入学共通テスト2022】得点調整なし…平均点の中間集計

 大学入試センターは2022年1月21日、2022年度大学入学共通テスト(旧センター試験、以下、共通テスト)の平均点等一覧(中間集計その2)を発表した。20点以上の平均点差が生じた場合の「得点調整」は行わない。

教育行政 その他
2022年度大学入学共通テスト試験場のようす
  • 2022年度大学入学共通テスト試験場のようす
  • 得点調整対象科目(受験者数1万人以上の科目)間の最大平均点差
  • 令和4年度大学入学共通テスト(本試験)平均点等一覧(中間集計その2)
 大学入試センターは2022年1月21日、2022年度大学入学共通テスト(旧センター試験、以下、共通テスト)の平均点等一覧(中間集計その2)を発表した。20点以上の平均点差が生じた場合の「得点調整」は行わない。

 21日に大学入試センターが発表した中間集計は、1月15日と16日に実施された共通テストの平均点、最高点、最低点、標準偏差値等のデータを中間集計したもの。1回目の中間集計結果が1月19日に公表されており、今回が2回目。受験者数は48万7,127人。採点未終了者数は2,000人程度。

 中間集計(その2)によると、各教科・科目の平均点は、「国語」110.25点(100点満点に換算すると55.12点)、地理歴史が「世界史B」65.83点、「日本史B」52.81点、「地理B」58.97点。公民が「現代社会」60.83点、「倫理」63.29点、「政治・経済」56.79点、「倫理/政治・経済」69.73点。

 数学が「数学I・A」37.96点、「数学II・B」43.06点。理科1が「物理基礎」30.40点(60.80点)、「化学基礎」27.73 点(55.46点)、「生物基礎」23.90点(47.80点)、「地学基礎」35.47点(70.94点)。理科2が「物理」60.72点、「化学」47.63点、「生物」48.81点、「地学」52.74点。外国語が「英語(リーディング)」61.81点、「英語(リスニング)」59.45点。

 得点調整対象科目間の最大平均点差は、地理歴史が13.02点、公民が6.5点、理科2が13.09点。実施基準にあたる20点を下回り、得点調整は行わないことを決定した。

得点調整について


 「得点調整」とは、選択教科・科目間で問題の難易差による有利・不利が生じないように平均点を基準にその差を調整すること。1月15日・16日に実施した本試験において、次の各科目間で、原則として20点以上の平均点差が生じ、これが試験問題の難易差に基づくものと認められる場合に行われる。ただし、受験者数が1万人未満であった科目は得点調整の対象とされない。

対象となる科目


・地理歴史の「世界史B」「日本史B」「地理B」の間
・公民の「現代社会」「倫理」「政治・経済」の間
・理科2の「物理」「化学」「生物」「地学」の間

 大学入試センターは、2月7日に平均点等の最終発表を予定している。国公立大学の2次試験(個別試験)の出願期間は、1月24日から2月4日まで。
《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

特集

page top