教育業界ニュース

東大名誉教授が登壇「みんなで異見交論」ウェビナー12/4

 コンテンツ制作メーカーのアルケーは2021年12月4日、中小企業向けDX支援プログラムの一環として、教育図書出版社のジアース教育新社と共同で第7回「みんなで異見交論」ウェビナーを開催する。

イベント 教員
第7回「みんなで異見交論」
  • 第7回「みんなで異見交論」
  • 文部科学教育通信「異見交論」
  • アルケー
 コンテンツ制作メーカーのアルケーは2021年12月4日、中小企業向けDX支援プログラムの一環として、教育図書出版社のジアース教育新社と共同で第7回「みんなで異見交論」ウェビナーを開催する。

 「みんなで異見交論」は、ジアース教育新社が発行する大学教育をメインとしたテーマアップ通信「文部科学教育通信」(定期購読誌)内で連載中の記事「異見交論」(著者:松本美奈氏)のWeb版。業界のキーパーソンを招き、高等教育に関するテーマについて視聴者とともに議論を重ねるオンラインイベントとして開催している。

 第7回の開催となる今回は、「東大は『教育の機会均等』になぜこたえられないのか?-誰もが自分らしく生きるために大学は何ができるか・何をしていないか・何をすべきか」をテーマに開催。社会学者で東京大学名誉教授、WAN理事長の上野千鶴子氏をゲストに迎え、講演およびチャットによる参加視聴者からの質問を交えた議論を予定している。

 参加費は1,500円だが、文部科学教育通信のTwitterアカウント(@zearthks)フォロー&リツイートで無料となる。申込みの際に「所属」の欄に自身の所属に続いて、自身のTwitterアカウントを明記すること。申込みは、Peatixにて受け付けている。コンビニ/ATMでの支払いは、12月3日で締め切られる。

◆第7回みんなで異見交論「東大は『教育の機会均等』になぜこたえられないのか?-誰もが自分らしく生きるために大学は何ができるか・何をしていないか・何をすべきか」
日時:2021年12月4日(土)14:00~15:30
形式:オンライン(Zoomウェビナー)
対象:大学と社会の今と未来に関心のある者
参加費:1,500円
※文部科学教育通信のTwitterアカウント(@zearthks)フォロー&リツイートで参加費無料(申込みの際に「所属」の欄に自身の所属に続いて、自身のTwitterアカウントを明記すること)
申込方法:Peatixにて申し込む
※コンビニ/ATMでの支払いは、2021年12月3日(金)で締め切られる
《桑田あや》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

特集

page top