教育業界ニュース

Society 5.0とは【教育業界 最新用語集】

 「教育業界 最新用語集」では、教育業界で使われているICT用語や受験用語、省庁が進める取組み等を、おもに教育関係者向けに解説する。記事を読んでいるときや、普段の業務でわからない用語があったときに役立てていただきたい。

事例 その他
Society 5.0とは
  • Society 5.0とは
  • Society 5.0で実現する社会
  • Society 5.0のしくみ
  • 経済発展と社会的課題の解決を両立するSociety 5.0へ
  • 新たな価値で経済発展と社会的課題の解決を両立
  • Society 5.0による人間中心の社会
 「教育業界 最新用語集」では、教育業界で使われているICT用語や受験用語、省庁が進める取組み等を、おもに教育関係者向けに解説する。記事を読んでいるときや、普段の業務でわからない用語があったときに役立てていただきたい。

Society 5.0とは


読み


 そさいえてぃ ごてんぜろ

表記


 Society 5.0

分類


 ICT、社会

ひとことで言うと


 サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する人間中心の社会。

解説


 Society 5.0は、狩猟社会(Society 1.0)、農耕社会(Society 2.0)、工業社会(Society 3.0)、情報社会(Society 4.0)に続く新たな社会。「第5期科学技術基本計画」において日本が目指すべき未来社会の姿として初めて提唱された。

 Society 5.0で実現する社会は、IoT(Internet of Things)ですべての人とモノがつながり、さまざまな知識や情報が共有され、今までにない新たな価値を生み出すことで、これまでの課題や困難を克服する。社会の変革(イノベーション)を通じて、これまでの閉塞感を打破し、希望の持てる社会、世代を超えて互いに尊重し合あえる社会、ひとりひとりが快適で活躍できる社会となる。

関連用語

 IoT、AI、ビッグデータ

最終更新日:2021年10月8日
《外岡紘代》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

特集

page top