教育業界ニュース

【クレーム対応Q&A】新しいクラスに馴染めない

 新しいクラスが始まり、しばらく経ちました。子供たちがクラスに上手に適応できていれば良いですが、すべての子供がうまくいく訳ではありません。そういったことに関して、親から連絡があることがあるのがこの時期です。

事例 その他
画像はイメージ
  • 画像はイメージ
 学校に寄せられるさまざまなクレーム。保護者や地域からのクレームに先生はどのように対応するのが良いだろうか?クラス担任として豊富な経験がある鈴木邦明氏に、学校へ寄せられるさまざまなクレームに対応する際のポイントを聞いた。第31回は「子供が新しいクラスに馴染めず、学校へ行くのを嫌がっている」。

できるだけ早く対応する


 新しいクラスが始まり、しばらく経ちました。子供たちがクラスに上手に適応できていれば良いですが、すべての子供がうまくいく訳ではありません。そういったことに関して、親から連絡があることがあるのがこの時期です。

 「新しいクラスに馴染めない」という連絡を親がしてきた場合、担任としてはできるだけ早く対応することが望まれます。「友達がいない」「前の先生が良かった」「やり方がわからない」など、新しいクラスになった時は、子供が不安に感じるポイントがたくさんあります。

 担任との関係もまだ日が浅く、何でも気軽に話をすることができるような状況でない場合も多いです。子供が不安に感じたことがあったとしても、それをすぐに担任に伝えることが難しい子供がいる可能性が高いのが4月という時期です。

 親が担任に対して何かを伝えたいと思った時、いきなり「クレーム」などの激しい方法で伝えてくることは少ないです。そういったことの前の段階として、「質問」や「相談」があります。その段階で解決ができないと、「クレーム」や「苦情」といった形の対応を親が取ることとなります。今回のテーマである「クラスに馴染めない」ということだけでなく、それ以外のことも含めて、できるだけ親からの「質問」や「相談」の段階で解決をしていきたいです。

4月はまだ教師との信頼関係ができていない


 4月のこの時期は、「教師と子供」、「教師と親」が互いに信頼関係ができていないことが多いです。そういったこともあり、「クレーム」の前段階にある「質問」や「相談」も気軽にしにくくなります。親から相談があった場合や子供の姿を見ていて少しでも不安に感じることがあった場合、すぐに対応することが大切になります。

年度始めのトラブルはチャンス


 ところで、年度始めの時期のトラブルは担任にとってチャンスでもあると私は考えています。そのタイミングでトラブルにきちんと対処し、解決することで、親や子供と信頼関係を築くことができます。私は、以前、始業式の日にクラスの子供に大事な連絡をすることを忘れたことがあります。その日の午後、それぞれの家に電話で連絡をしました。お詫びと共に連絡内容を伝え、「何か心配事があれば教えてほしい」という話をしました。少し時間は掛かったのですが、親と色々な話をしたことで、非常にスムーズに新しいクラスをスタートすることができました。

コロナ禍で相互理解のハードルが高くなっている


 新型コロナウイルスの流行以来、授業参観、懇談会などの実施が見合わされている学校が多いです。通常、4月に行われる授業参観・懇談会では、担任と親が互いを理解し合う良いチャンスです。コロナ対応で、そういった行事が実施されないことで、相互理解のハードルが以前よりも高くなっています。Zoomなどを用いた懇談会も実施されています。Zoomなどは便利なのですが、やはり対面での懇談会と同じようにはできない部分もあります。例年以上に親との関わりを丁寧にしていくことが必要でしょう。具体的にはこれまで以上に連絡などを密にしていくことです。学級通信を出す頻度を多くすることなども良いでしょう。

 また、何か疑問点があれば、簡単に連絡ができる方法や時間帯を伝えていくことなども良いでしょう。私は親が担任に質問をしやすいように、学級通信の下部の1/4を親からの質問用紙とし、切り取ることができるようにしていたことがあります。定期的にそういったものが配られることで、親が教師に質問をしやすくなります。そういったことが結果として子供のトラブルを未然に防ぐことにつながります。

鈴木 邦明(すずき くにあき)
平成7年 東京学芸大学教育学部 小学校教員養成課程理科専修卒業。平成29年 放送大学大学院文化科学研究科生活健康科学プログラム修了。神奈川県横浜市、埼玉県深谷市で計22年、小学校教諭として勤務。現場教員として子どもたちの指導に従事する傍ら、幼保小連携や実践教育をテーマとする研究論文を多数発表している。こども環境学会、日本子ども学会など、多くの活動にも関わる。平成29年4月からは小田原短期大学特任講師、平成30年4月からは帝京平成大学講師として、子どもの未来を支える小学校教諭、幼稚園教諭、保育士などの育成や指導に携わる。近著に「オンライン、ソーシャルディスタンスでできる 学級あそび&授業アイスブレイク」(明治図書)がある。
《鈴木邦明》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top