教育業界ニュース

レーザー光源対応、短焦点プロジェクター12/4発売…リコー

 リコーは2020年12月4日、レーザー光源に対応した中輝度タイプの短焦点プロジェクター「RICOH PJ WXL4760」を発売。オフィス・教育現場・リテールなど、さまざまなシーンにおける大画面投影のニーズに対応する。価格はオープン価格。

ICT機器 授業
RICOH PJ WXL4760
  • RICOH PJ WXL4760
  • RICOH PJ WXL4760の利用イメージ
 リコーは2020年12月4日、レーザー光源に対応した中輝度タイプの短焦点プロジェクター「RICOH PJ WXL4760」を発売。オフィス・教育現場・リテールなど、さまざまなシーンにおける大画面投影のニーズに対応する。価格はオープン価格。

 「RICOH PJ WXL4760」は、2016年に発売した「RICOH PJ WXL4540」の後継機種。レーザー光源を採用し、4,000lmの輝度とWXGA(1,280×768ドット)の解像度で80~100型の大画面投影に適した、明るく鮮明な画質を実現している。レーザー光源は約2万時間(出力光束(明るさ)が半減するまでの使用時間の目安)交換することなく長期間運用が可能。

 短焦点レンズを搭載しており、90cmの距離で80型の大画面が投写でき、狭い場所や写距離が確保できない場所でも設置できる。軽量・コンパクトな設計により、据え置き、天吊り設置に加え、付属のキャリーバッグで持ち運ぶことも可能。

 価格はオープン価格。本体の無償保証期間は標準で3年間とする。

◆RICOH PJ WXL4760
発売日:2020年12月4日(金)
光源:レーザー
出力光束(明るさ):4,000lm
最大解像度:WXGA
質量:約4.3kg
本体無償保証期間:3年
価格:オープン価格
《桑田あや》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top