教育業界ニュース

Z会グループ、学校応援サイト「Yellz」開設…寄付集めにも

 増進会ホールディングス(Z会グループ)のグループ会社で、教育機関の支援事業を行うエデュケーショナルネットワークは2020年11月16日、学校応援コミュニティサイト「Yellz(エールズ)」を開設した。

教材・サービス 授業
Yellz
  • Yellz
  • Yellzのしくみ
  • Yellz 応援コメント
  • Yellzの利用シーン
 増進会ホールディングス(Z会グループ)のグループ会社で、教育機関の支援事業を行うエデュケーショナルネットワークは2020年11月16日、学校応援コミュニティサイト「Yellz(エールズ)」を開設した。中学校や高校を応援するサポーターを集めながら、クラウドファンディングで寄付金を募ることもできる。

 Yellzは、夢に向かって挑戦する生徒たちと、その夢をあと押しする学校を、誰もが気軽に応援できる学校応援コミュニティサイト。参加する学校は、寄付金の募集や情報発信を通じて、卒業生・入学希望者・地域住民・企業関係者といった幅広い人々とのコミュニケーションの機会を広げることができ、自校の長期的なファンづくりにつながる。学校側の導入費用や月額費用、解約費用は不要で、気軽に導入できる。現在、Yellz学校専用サイトにて参加校を募集している。

 一方、地域住民や卒業生などの一般ユーザーは、サポーター登録することで、部活動などの学校・生徒の活動情報を定期的に受け取ることができる。また、関心のある学校や活動に対して、コメントの書込みやSNSでのシェアのほか、クラウドファンディングの形で賛同したプロジェクトへの寄付を行うこともできる。寄付は500円から行える。

 具体的には、学校の周年記念事業や校舎の建替えなどの寄付や、部活動を応援してくれるサポーター集め、公式ホームページでは紹介しきれない詳細な活動報告を掲載するといった広報ツールなどに利用できる。
《工藤めぐみ》

特集

特集

page top