教育業界ニュース

【ウェビナー8/2】文科省 桐生崇氏・平井聡一郎氏が登壇「教育DXが目指す先と推進のカギ」

 文部科学省 初等中等教育局 初等中等教育企画課 学びの先端技術活用推進室長の桐生崇氏、先導的な教育ICT環境構築および支援に取り組む情報通信総合研究所 特別研究員の平井聡一郎氏を招き「教育DXが目指す先と推進のカギ」をテーマにウェビナーを開催する。

イベント 教員
【ウェビナー8/2】文科省 桐生崇氏・平井聡一郎氏が登壇「教育DXが目指す先と推進のカギ」
  • 【ウェビナー8/2】文科省 桐生崇氏・平井聡一郎氏が登壇「教育DXが目指す先と推進のカギ」
 リシードは「Virtual 教育ICT Expo 2021」の一環として、文部科学省 大臣官房 文部科学戦略官 総合教育政策局 教育DX推進室長の桐生崇氏、先導的な教育ICT環境構築および支援に取り組む情報通信総合研究所 特別研究員の平井聡一郎氏を招き「教育DXが目指す先と推進のカギ」をテーマにウェビナーを開催する。

 GIGAスクール構想前倒しによる教育ICTの加速、今後蓄積されていくデータ活用と期待は高まる。平井氏は「目の前にあるDX、そしてその先にあるDXが目指す先を理解したうえで、今できることから取り組んで行くことが大事」だと語る。さらに、校務の効率化、学校と家庭を結ぶ連絡手段のデジタル化など、期待と共に課題も多い教育現場のDX推進であるが、本イベントではその目的や必要性を明確にし、どのように推し進めていくべきかのヒントについて講演いただく。あらゆる学校関係者に視聴いただきたい。

教育DXが目指す先と推進のカギ


登壇者


桐生崇氏
 文部科学省入省後、初等中等教育局、高等教育局等で地方教育行政法、義務標準法等の法律改正や制度の企画立案等を担当。大分県教育委員会において教育改革や教育委員会の運営等、OECD日本政府代表部(在パリ)において教育・スキルの国際比較等、内閣府においてPKO業務を担当した。2019年4月文部科学省初等中等教育局企画官・学びの先端技術活用推進室長、2021年4月より現職で教育DX、教育データ標準化等の教育データの利活用の企画等を担当。

平井聡一郎氏
 情報通信総合研究所 特別研究員。元・教育委員会 指導主事。小学校、中学校の教諭、管理職22年間と指導主事11年間の経験を経て、2017年より現職。古河市教育委員会で3年間にわたり、全国初のセルラーモデルiPad導入、クラウド活用、エバンジェリスト制度というリーダー教員育成システムなど、先導的な教育 ICT 環境構築に取り組んでいる。

イベント概要


日時:2021年8月2日(月)15:00~16:45
 15:00~15:05 編集部より挨拶
 15:05~15:35 桐生崇氏講演「教育DXと教育データ利活用の現状と今後」
 15:35~16:05 平井聡一郎氏講演「学校DXの実現は授業以外のICT活用から」
 16:05~16:45 対談・質疑応答
  教育DXに取り組む理由
  教育DXで変わる子供たちの学び
  現場の先生方へのメッセージ
対象:小学校・中学校・高等学校の教職員、教育委員会、大学関係者、保護者(その他の方も参加可)
参加費:無料(リシード メンバーズへの登録が必要)
形式:Zoom(ウェビナー)
※あらかじめZoomアプリをダウンロードして、サインアップ(登録)しておくことを推奨します。
申込方法:下記のボタンのリンク先フォームより申し込む。
※申込後、参加用URLをメールにてお送りしますのでご確認ください。
※申込みにはリシード メンバーズ(リシード メンバーズとは)への登録(名前とメールアドレス)が必要です(登録方法詳細)。ご登録のうえ、下記「申込みフォームへ」ボタンをクリックしてお申し込みください。

お問合せ:こちらのフォームからお問い合わせください。
《田村麻里子》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top