教育業界ニュース

【クレーム対応Q&A】いじめ疑惑、学校で調査して

 「子どもの持ち物へのいたずらなどがあったのですが…」という連絡が保護者からあることがあります。こういったケースでは迅速な対応が求められます。

事例 その他
画像はイメージ
  • 画像はイメージ
 学校に寄せられるさまざまなクレーム。保護者や地域からのクレームに先生はどのように対応するのが良いだろうか?クラス担任として豊富な経験がある鈴木邦明氏に、学校へ寄せられるさまざまなクレームに対応する際のポイントを聞いた。第26回は「子どもの持ち物に落書き、破損などがあり、いじめが疑われる。子どもに聞いても何も答えてくれないので、学校で調べてもらえないか」

迅速に対応を


 「子どもの持ち物へのいたずらなどがあったのですが…」という連絡が保護者からあることがあります。こういったケースでは迅速な対応が求められます。

 教員はクラスで子どもたちのさまざまな様子を見ています。保護者から「いたずらがあった、いじめでは?」という様な連絡があった際は、何となく心当たりがある場合も多いと思います。子ども同士での色々なトラブルがあった時に、教師がどのタイミングで関わるのかということは難しい問題です。早いタイミング(問題が小さなうちに)で教師が関わることで、問題は大きくならない可能性はあります。ただそれは教師の関わりによって解決したことです。子どもの成長ではないので、また繰り返されることや悪化する場合もあります。

 どのタイミングで関わるのかは、さまざまなバランスの中で決まってくるものだと私は考えています。揉め事になるのがわかっていても、担任である私があえて関わらずに様子を見ていたこともあります。結局、色々と揉め事になるのですが、そこにおいて当人たちが学ぶことにつながれば良いと思います。それは子どもの性格や状況などによって、違ってきます。

 今回のケースのような場合はできるだけ早く対応することが望まれます。まず、いじわるをされている子どもから話を聞くことをします。自分から担任にいじわるがあったことを伝えていなかった状況を考え、丁寧に関わることが大切です。自分で伝えてきていなかったということから考えられるのは次のようなことです。

1.「されていることがひどい(嫌な)ことだとは認識していなかった
2.「いたずらをされているということを担任に知られたくなかった

 どちらであっても対応が必要なのですが、1つ目の場合はそれ程、対応は複雑ではありません。保護者と子どもの認識の違いがポイントとなります。いたずらをされている子どもに話を聞いた上で、いたずらをしている子どもに指導をします。そして、保護者には「本人はあまり気にしていないこと」、「相手にはいたずらは良くないことなどを伝えたこと」を知らせるという流れになるでしょう。

 難しいのが2つ目の場合です。形式的に道具などへのいたずらをさせないようにしても問題の解決にはなりません。多くの場合、形を変えて、違う形でのいじわるが行われてしまうからです。望ましいことは、こういった状況にならないように日頃から集団への関わり、個人への関わりを丁寧に行うことです。いじわる(いじめ)だけではないのですが、問題を発生させないためにエネルギーを掛けることがとても大切です。一度、問題が発生すると、どうしても対応が後手後手となることが多いです。

 今回のケースのように何らかの問題が発生した場合、被害者へのフォロー、加害者への指導、その他の子どもへの指導、保護者への対応などが必要になります。教員が適切な対応を取らなければ、状況はどんどん悪化していくことが予想されます。個人に対し、集団に対し、可能な限り迅速にあらゆる方法で対応していく必要があります。

 アメリカの心理学者マズローは「欲求段階説」というものを発表しています。下位の欲求が満たされることで上位の欲求を持つことができるというものです。いじめがある状況は、下から二番目の「安全欲求」、三番目の「社会的(所属・愛)欲求」が脅かされている状態です。学ぶことなどはより上位の欲求となります。いじめの状況を改善することなしに、他の活動を進めていったとしても、質の良い活動になりません

 クラスで起こるさまざまなトラブル(いじわるなど)は、教師に起因する問題も少なくありません。教師はしっかりと自分の職責を自覚し、日々の研鑽を積んでいくことが大切なのだと思います。

鈴木 邦明(すずき くにあき)
平成7年 東京学芸大学教育学部 小学校教員養成課程理科専修卒業。平成29年 放送大学大学院文化科学研究科生活健康科学プログラム修了。神奈川県横浜市、埼玉県深谷市で計22年、小学校教諭として勤務。現場教員として子どもたちの指導に従事する傍ら、幼保小連携や実践教育をテーマとする研究論文を多数発表している。こども環境学会、日本子ども学会など、多くの活動にも関わる。平成29年4月からは小田原短期大学特任講師、平成30年4月からは帝京平成大学講師として、子どもの未来を支える小学校教諭、幼稚園教諭、保育士などの育成や指導に携わる。近著に「オンライン、ソーシャルディスタンスでできる 学級あそび&授業アイスブレイク」(明治図書)がある。
《鈴木邦明》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top