教育業界ニュース

児童みまもり情報配信、NTT西が全国向けに開始

 NTT西日本グループは2020年4月より、自治体・学校・家庭が連携した地域ぐるみの児童みまもり情報配信ソリューションを全国向けに提供開始する。みまもり端末を持った児童の位置情報や、自治体・学校からの情報をLINEやメールで保護者へ配信する。

教材・サービス その他
システム概要
  • システム概要
  • 児童みまもり情報配信ソリューションの特長
 NTT西日本グループは2020年4月より、自治体・学校・家庭が連携した地域ぐるみの児童みまもり情報配信ソリューションを全国向けに提供開始する。みまもり端末を持った児童の位置情報や、自治体・学校からの情報をLINEやメールで保護者へ配信する。

 政府は2018年6月22日に、地域における安全対策強化の指針をまとめた「登下校防犯プラン」を閣議決定した。そこでは、「不審者情報等の共有および迅速な対応」「子どもの危険回避に関する対策の促進」などが取りまとめられ、自治体、学校、家庭などが連携して登下校の安全確保対策に取り組むこととされている。また、2019年5月29日には登下校時の子どもの安全確保に関する関係閣僚会議が開催され、登下校時の子どもの安全確保について議論が行われている。

 そこでNTT西日本グループは、児童みまもり情報配信のトライアルを2018年12月から2019年3月末まで実施した。トライアルに参加した保護者の95%が継続的な利用を希望し、自治体や学校からも児童の安心・安全に対する有用性について高い評価を得た。商用提供の目途がついたため、児童みまもり情報配信ソリューションの提供を開始することとした。

 児童みまもり情報配信ソリューションは、みまもり端末を持った児童の位置情報や特定ポイント・エリアでの検知情報、自治体・学校からの情報配信をLINEやメールで保護者へ配信する。また、自治体や学校などと連携し、地域の危険個所情報やハザードマップなどを児童の位置と重ねて表示し、さらに不審者情報、災害情報などの防犯・防災に関わる情報配信を同一システム上で提供する。

 位置情報は、屋外ではGPS、学校や通学バスなどGPSが届きにくい屋内ではBLEビーコンにより取得することで、高い精度の位置情報取得を実現している。また、LINEの利用者であれば、新たに専用のアプリケーションをダウンロードすることなく、直感的に操作できる。

 提供エリアは全国、提供開始は2020年4月、料金は利用条件に沿って価格を見積るため、個別に問い合わせること。
《工藤めぐみ》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top